体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『デジモンtri.』W太一対談! 花江夏樹が松本岳に伝えたアフレコのコツ「意外と体を動かしてるよ」

TVアニメ『デジモンアドベンチャー』の選ばれし子供たちが高校生になった姿を描く『デジモンアドベンチャーtri.』。第5章「共生」の9月30日劇場上映を前に、舞台『超進化ステージ デジモンアドベンチャーtri.~8月1日の冒険~』がZeppブルーシアター六本木にて8月5日より上演予定。

舞台版で主人公・八神太一を演じるのは、スーパー戦隊『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でアオニンジャーを務めた松本岳さん。

今回、アニメの太一を演じる声優・花江夏樹さんとの対談が実現! この記事だけの松本さんのコメント動画も!

この日、復刻したデジヴァイスを持って取材に臨んだ2人。「懐かし~」、「まったく一緒ですね、音も一緒」、「無駄に連打しちゃうんですよね」など、子供の頃に戻ったように夢中になっていました。

そんなデジモン世代の2人のエピソードや、先輩太一として花江さんから松本さんへのアドバイスを伺ってきました!

裏技もあった『デジモン』

――デジモン世代だと思いますが、子供の頃の『デジモン』の思い出があれば教えてください。

花江:周りはみんなデジヴァイスで遊んでいたりして。でも僕はその時は買ってもらえなかったんですけど、アニメを「デジモンってカッコイイな」って思いながら毎週観ていました。最初の四角いデジヴァイスからちょっとして新型のデジヴァイスが発売して、それはおじさんにファミレスのおもちゃコーナーで買ってもらえて、ずっと遊んでいましたね。あとカードとかもルールわかんないけどやっていたり。

松本:懐かし~!

花江:いろいろ周りでは流行っていましたね。それからブイモン用のパソコンみたいなおもちゃがあって、それを持っているやつがすごく羨ましかったです。

松本:光子郎のパソコンのおもちゃを持っている人もいましたね。僕はデジモンをみんなで育てていても、育て方がよくわからなくてすぐ死んでしまったり。そうかと思えば勝手に進化したり。どうやるんだろう?と気になってネットで調べて裏技みたいなのをやったなぁ。1回リセットすると新しいモンスターになってる!みたいな(笑)。そういう裏技があったんですよ。

花江:対戦中に少し離すとどっちも勝つとかね。

花江「好きなキャラはゴマモン」 松本「昔、空に恋してた」

――松本さんは、アニメ『デジモンアドベンチャーtri.』をご覧になりましたか?

松本:はい。子供の頃から『デジモン』を観ているので、“tri.”は純粋に楽しみという気持ちで観ることができました。特に久しぶりに聞いた進化の音楽だったり、今まで究極体にならなかったデジモンが究極体になるという部分は、本当に鳥肌がたちました。イチ視聴者として本当に面白くて大好きな作品です。

――子供のころから高校生になるまで太一を見てきて、その印象を教えてください。

花江:昔の太一は、熱くて、勇気があって、みんなをまとめられるリーダーシップがあってすごくカッコイイし、仲間思いで優しさもある。みんなが目標にしたいような人間だなって思っていたんですけど、“tri.”の太一は、そこからまた成長して、子供の頃は気にしなかったようなことが見えてきちゃって、若干うじうじしている面があって。その葛藤はすごくわかるんですけど、“tri.”の太一は最初は昔の面影があまり感じられず、演じながらもモヤモヤした記憶はありますね(笑)。最近はやっと太一らしさを取り戻してきました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。