ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

現代美術家・田名網敬一の新作個展「貘の札」開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1707191
「幽霊は壁を通る」2017 / Pigmented ink, acrylic silkscreen medium, crashed glass, glitter acrylic paint, acrylic paint on canvas 147×208 cm (diptych)
画像: ©Keiichi Tanaami / Courtesy of the artist and NANZUKA

田名網敬一の新作個展「貘の札」が、渋谷のギャラリー「ナンヅカ(NANZUKA)」にて開催中。会期は8月5日まで。

2010年以降は田名網の記憶や夢を原風景にした「曼荼羅図」風ペインティング制作に取り組んでおり、本展では、横3メートルの大型作品2点を含む新作約10点が並ぶ。
大作の「彼岸の空間と此岸の空間」内に登場する鶏のイメージは、幼少期に実際に見た爆撃のために低空へと急降下をする戦闘機のメタファーで、骸骨姿のモンスターは戦争で傷ついた人々を表現すると同時に恐れを知らない現代に生きる人々を暗示しているという。
また、田名網が結核を患い生死をさまよった時の幻覚に由来した松や、田名網の夢によく出てくるという水から想起した波が描かれるなど自身の「死」への恐怖やトラウマ体験を創作へと変換。このほかにもキリコやウォーホル、リキテンシュタイン、若冲、エッシャーなど、田名網が好きなアーティストたちの作品を引用した。
ペインティング作品のほか、昨年にニューヨークでの個展で発表されて以来、セントルイス国際映画祭や、オーバーハウゼン国際短編映画祭などさまざまな映画祭で上映されてきたアニメーション作品「笑う蜘蛛」も展示上映。田名網による新作個展を同ギャラリーで開催するのは約3年ぶりとなる。

田名網敬一「貘の札」
会期:6月24日(土)〜8月5日(土)
場所:NANZUKA

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。