体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新社会人に贈る言葉

政治・経済・社会
金融日記

今回は藤沢数希さんのブログ『金融日記』からご寄稿いただきました。

新社会人に贈る言葉

みなさん、こんにちは。藤沢数希です。来週からいよいよ新社会人になる『金融日記』*1 の読者の方も多いと思います。そこで、僕から新社会人のみなさんに、いくつかアドバイスしたいと思います。がっかりするような話かもしれません。耳が痛い話かもしれません。でも、みなさんにいくつか気をつけてほしいことがあります。それを今日はお話ししたいと思います。

*1:『金融日記』
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/

まず、一流企業に就職が決まった男子のみなさん。おめでとうございます。しかし、大変きびしいことをひとつ言わないといけません。みなさんは一流企業の名刺を持ち、幾ばくかの金を稼ぐようになり、さぞかしモテるようになると期待していることでしょう。しかし、はっきりと言っておきます。あなたたちは全くモテなくなります。信じれないぐらいに。これは生物学的に明らかなことなのです。

あなたたちは、企業というサル山*2 の最下層に組み入れられます。人間というのは、無意識の内にヒエラルキーを作り、その力はどんな論理よりも強いものです。本能に根ざしたものだからです。企業というサル山の中で、最下層に組み入れられる君たちが、学生のころのように肩で風を切りながら、廊下の真ん中を歩いていたら、上位のサルから次々に攻撃されます。だから、最初はいきがっている新人も、すぐにシュンとおとなしくなります。本能的に命が危ないと察知するからです。最近の学生は賢いので、入社する前から組織の最下層の人間としての振る舞い方を身につけている人も多いようです。いずれにしても、入社後数か月もすると、全ての新入社員が最下層の人間としての自覚を持ちます。少なくとも、そう自覚しているというフリをするようになります。それができない人間は、自ら会社を辞めていくか、辞めさせられるだけです。幸いなことに、君たちは自由が保証された日本という資本主義の国*3 に住んでいます。君たちは自由です。ただし、大変言いにくいことですが、君たちが持っている自由というのは、会社を辞めてもっと貧乏な暮らしをする自由だけです。もちろん、あなたがロックスターになるというなら話は別ですが。余談ですが、僕自身はロックスターにはなれそうもありませんでしたから、会社を辞めてもっと貧乏になるという自由は行使しませんでした。

*2:「自分のアタマで考えよう、ちきりん」2012年02月06日『金融日記』
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51886778.html
*3:「日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません、藤沢数希」2011年10月15日『金融日記』
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51863655.html

たとえ最下層のサルであったとしても、子どものころから勉強して、いい大学に入り、いい会社に入った君たちは、世間の中ではモテるほうではないかと思うかもしれませんが、決してそうではありません。なぜならば、最下層の男子からは、テストステロンというホルモンが急速になくなっていくからです。女子は、このホルモン物質の分泌に極めて敏感で、これがない男にはなかなか股を開かない*4 のです。だから、この男の闘争本能を司るホルモンが抜けた君たちは、本当にモテなくなります。学生の頃はイケメンで意気揚々としていた男も、入社後数か月もすると見事に色気がなくなり、カサカサした魅力のない男になっていきます。会社組織とはそういうところです。そして、居酒屋の店長だとか、引越屋さんのリーダーみたいなテストステロンがもりもり出ている、低学歴で、おそらく君たちより低収入な男のほうが、はるかにたくさんの女とセックスをしています。残念ながらそれが現実というものです。でも、現実に耐えてください。なぜならば、耐えることしか君たちには選択肢がないからです。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会