体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そこは小規模ゲームの宝石箱。ゲーム販売サイト『itch.io』とは

皆さんは「itch.io」というサイトをご存じだろうか。もし良く知っておられるならこの記事は読む必要はありません。記事の下の方にitch.ioで遊べるオススメゲームを紹介しているので見ていってくださいな。

itch.ioをよく知らないというそこの方! インディーゲームに興味があるなら新たなゲームとの出会いがそこで待っています。あるいはゲーム製作に興味がある方。itch.ioの存在を覚えておいて損はないはずです。ぜひ本記事をお読みくだされ。

itch.ioとは

itch.ioは、インディーゲームを中心とした「ゲームの販売サイト」だ。製作者がゲームを登録し、値段を付けて販売(あるいは無料で配布)することができる場のひとつだ。
 
image4
 
ゲームの販売サイトといえば「Steam」や「PLAYISM」などが代表的だろう。しかし、PLAYISMは製作したゲームを販売してもらう際に審査が必要で、Steamは新制度により誰でも販売することが可能となったものの、手続きが複雑で事前にお金がかかる。このため小規模ゲーム製作者にとっては少々ハードルが高い。筆者も個人で小規模ゲームを製作しているが、このどちらでもゲームを販売することはできなかった。

しかし、itch.ioでは販売することができた。なぜならitch.ioはゲームを有料販売できる場でありながら、審査やお金などが不要で、誰でも気軽にゲームを登録できる仕組みとなっているからだ。筆者のような小規模ゲーム製作者にとっては非常にありがたい場だ。他の製作者にとってもそれは同様のようで、小粒かつ意欲的な作品が数多く集まっている場でもある。ユニークなゲームを遊びたいプレイヤー達にとっても魅力的な場でもあると言える。

ゲームの価格をユーザーが自由に決められる

itch.ioの最大の特徴は、ゲームの価格をユーザーが自由に決められるPWYW(Pay What You Want)方式が採用されている点だ。例えば製作者がゲームを登録する際に「最低価格:0ドル」と設定した場合、そのゲームは無料でもダウンロードできるが、お金を支払って購入することも可能となる
 
image9
↑ダウンロード時に購入金額を入力する画面がある。

「無料なのにわざわざお金を払う人がいるの?」と疑問に思うかもしれないが、結論から言えば、いる。

この場で支払ったお金は製作者に直接届く。製作者はそれによってモチベーションが高まり、次の作品を作るための資金にもできる。だから次の作品が作られる可能性が高まるし、作品がより良くなる可能性も高まる。結果的にユーザーはより魅力的なゲームが楽しめる。このことを理解してくれているユーザーが一定数いるからなのだと私は考えている。

実際、筆者が公開している作品でも、最低価格に上乗せして買ってくれる人がいる。「最低価格:0ドル」で公開した作品も数パーセントの人がお金を支払ってくれているし、「最低価格:2.8ドル」に設定した作品は4割以上の人が最低額を超えてお金を支払ってくれた。(中には10ドル以上支払ってくれる人もいた!)
 
image5
↑最低価格0ドル以上で公開している作品の売上げデータだ。最初に提示される額が1ドルであるためその通りの金額で購入してくれる人もいるし、そこにさらに上乗せしてくれている人もいる。

PWYW方式は、筆者にとって2つの利点があった。1つはまず「責任が重くならない」という点だ。最低価格を「0ドル以上」にして無料でも遊べるようにすれば、有料販売特有の責任と不安感を避けることができ、その上で少額だが収入を得ることができる。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。