ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

実は大きな変化…? イチローが31.5%→42.4%に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

実は大きな変化…? イチローが31.5%→42.4%に
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」。7月14日(金)のオンエアは、夏休み中のジョン・カビラに代わってハリー杉山が担当しました。世界や日本の気になるニュースに「%」という角度から真相に迫るコーナー「TOKYO ZEIRISHIKAI PERCENT WORLD」では「42.4%」という数字に注目しました。

この「42.4%」は、アメリカ、マイアミ・マーリンズのイチロー選手が今シーズンでライト方向に打った割合です。メジャーリーグの、あらゆるデータが掲載されているFANGRAPHSというサイトに、2002年以降、16年間でイチロー選手の打球がどの方向に飛んだか、というデータがあります。そのデータによると、16年間の平均は、ライト方向が31.5%、センター方向が35.2%、レフト方向が33.3%と、ほぼ均等に打っていることが分かります。ところが、今シーズンに限っては、ライト方向に飛んだ確率が42.4%だというのです。かなり引っ張って打っている…という印象です。ハリーは「アメリカは、スポーツに関するデータマンが多いです」と感心していました。

イチロー選手は現在43歳。先週、歴代24位となるメジャー通算3054安打を達成。アメリカ以外の出身のメジャーリーガーとしては、ナンバーワンとなりました。次の23位は、リッキー・ヘンダーソンさんの3055本。あと1本で追いつきます。さらにもう1本打てば、リッキーさんを追い越して単独の23位に。第4の外野手として、今シーズンは先発出場が少ないイチロー選手ですが、後半戦はさらなる出場機会、そしてさらなるヒットに期待です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。