体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】○○だけを食べ尽くす!五反田で蟹を喰ってきた!!【横歩き】

dsc_20894

蟹は旨いお。採れ採れピチピチって、蟹でピチピチってちょっと変だお! とか思いながら、日本ではなかなか食べることが出来ない希少な蟹『ディープレッドシークラブ』を食べに五反田に行ってきました。この『ディープレッドシークラブ』、南アフリカの上にある良く知らない国ナミビアのウォルスベイ沖の深海で取れる、なかなか食べることが出来ない超貴重な蟹なのです。そんな貴重な蟹だけを食べる『○○だけを食べ尽くす』トリロジー第二回。いざ、東京で一二を争う下品タウン五反田にひっそりとある上品なお店『Deep Sea Crab』へゴー!

『ディープレッドシークラブ』は、日本でこれまでよく食べていた蟹とはひと味違います。毛ガニの旨味、
ずわいの食感、たらばのボリュームといいとこ取りをしたようなベストの蟹なのです。味は非常に濃く甘く豊かで、蟹に見える別の食べ物、というのも決して過言ではありません。

まず最初に『セレクション盛り』という名のゆで蟹盛り合わせ。

dsc_2119

シンプルであるが故にその旨味がよく判る逸品です。もうこれを食べただけで『ディープレッドシークラブ』の凄さに気づいてしまいました。

dsc_2123

そして次に出てきたのは『カニミソにんにく炒め』。濃厚なカニミソと一緒に足が炒め合わせてあります。

dsc_2126

これが絶品。パンを頼まなかったのが悔やまれます。中休みに『シェフこだわり 本日のシーフードサラダ』を注文しました。ところがこれは詐欺。どう見てもどう食べても”サラダ”ではありませんでした。

dsc_2140

エビや蛸や烏賊やアサリやムール貝やサーモンやカンパチやトビッコやサザエや蟹やと計10種類以上の魚介類が恐ろしいくらいにてんこ盛り。こんな豪華なシーフード盛りは見たことがありません。次は揚げ物『カニフライ』。

dsc_2143

いわゆるソフトシェルクラブよりは若干堅めな甲羅ですが、全然へっちゃら。ポリポリぱりぱりいけちゃいます。続いて『カニ入りフカヒレスープ』。

dsc_2148

またもやものすごいフカヒレとカニ身が入りまくりです。そろそろお腹が膨れてきたのでいよいよ〆のご飯もの『カニピラフ』です。

dsc_2160

見た目が黒いこのピラフ、一緒に炒めてあるカニミソがその秘密でした。なんとも濃くて美味いお勧め品です。いよいよデザートです。もちろん『カニグラタン』!

dsc_2167

ベシャメルソースがカニの詰まった胃袋に染み渡ります。

今回はコースにアラカルトを混ぜてみましたが、とにかく一品一品が素敵なボリュームで腹ぺこ腕白小僧のお腹も黙ってしまうこと請けあいです。きっと味わったことがない、そしてきっと満足するこの不思議な蟹、是非食べてみて下さい(このニュースの詳細記事はこちら)。

■Deep Sea Crab / ディープシークラブ
東京都品川区 東五反田5-24-7 ノブレス池田山B1
TEL : 03-3446-0627
[火~土] 18:00~23:00 フードL.O 22:00・ドリンクL.O 22:30
[日・祝] 18:00~22:00 L.O 21:00
定休日:月曜日
サイト(食べログ)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。