体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どうして言ってくれないの?」諦めきれない青春の思い出……積年の恋に執着する夫が引き起こす家庭内不和~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「あの夏が忘れられない」秋の終わりの朝顔によせて

朝顔に冷たくあしらわれ、すごすごと帰宅した源氏は眠れぬ夜を過ごしました。朝早く庭を見ると、枯れた花々の中に、朝顔があるかなきかの儚さで、まとわりつくように咲いています。

「見し折のつゆ忘られぬ朝顔の 花の盛りは過ぎやしぬらむ」。若い日にお見かけしたあなたのお姿が忘れられません。長年の私の気持ちはきっとわかって頂けると信じています…と書いた手紙とともに、花を朝顔の元へ送り届けました。

秋の終わりに儚く咲いた夏の花。さすがの朝顔も(なんでも冷たくすればいい、というわけでもない。お返事をしないと趣のない女だと思われるだろう)と感じ、これには返事を書きました。

「秋果てて霧の籬にむすぼほれ あるかなきかにうつる朝顔」。盛りを過ぎてあるかなきかに咲いている、しおれた朝顔の花はまさに今の私にぴったりのたとえですね。内容はさりげないですが、ブルーグレーの紙に優しい筆致で、何とも美しい手紙です。

源氏はその手紙に見入ってしまい、いつまでも見つめてはまた熱心に手紙を書き送ります。「若い時とは違う、こんなラブレターをせっせと送るのはみっともない」と思いつつ、積年の恋を成就させたい想いに駆り立てられるのでした。

源氏物語には実に800首近いの和歌が登場しますが、源氏と朝顔の贈答歌はその中でも指折りの名歌で、筆者もこの歌がとても好きです。盛りを過ぎた花に例えた中年の男女の恋。その時は過ぎたとわかっていても、若き日々の想いが心にまとわりつく。哀愁を帯びた美しい歌です。

さて、源氏は「見し折りの」と言っていますが、源氏と朝顔が何のきっかけでやり取りを始めたのかは書かれておらず、藤壺の宮、六条と並ぶ謎の出会いの一つです。空蝉に迫った17歳の頃にはすでに、朝顔と手紙のやり取りがあったらしい……ということしかわかりません。

更に「見る」には「語る」「交わす」と同様に情交の意味もあるのですが、これは源氏が言いたいだけの様子。以前から朝顔は「事実無根なのに、何かあったかのようにウワサをされるのは迷惑」と、言いがかりの風評被害を気にしています。真面目なこの人らしいです。

「どうして言ってくれないの?」ウワサで傷つく妻の苦悩

源氏の片思いはエスカレートし、朝顔のところの女房、宣旨を二条院に呼び出して、あれこれと相談まではじめました。いくら二条院が広くて立派で、紫の上のいる西の対とは違う所に呼んでいるとは言え、そんなことしたらさすがに目立つのでは?

朝顔側の女房たちは(うちの姫様がついに源氏の君とゴールインかも!?)と色めき立ち、源氏に誘惑されればあっさりなびきそうな者までいます。お姫様をゲットするにはまず、女房筋から近づいてオトし、本命の所へ案内させるのが常套手段。お付きの女房が男に味方しだすと危険です。

女房たちの熱狂をよそに、朝顔だけはひとり冷静でした。(若かった時も、私はあの方と一緒になろうとは思わなかった。ましてや盛りも過ぎて恋だの愛だのという歳でもない。ちょっとした時候の挨拶でさえ「世間に何を言われるか」と遠慮するのに……)。やっぱり風評被害を心配してる。

源氏とは決して結婚しない。朝顔の心はそう固く決まっているので、彼がどんなに熱心に訴えても、一貫した態度を変えません。難しい恋に燃えるタイプの源氏は、(普通の女性とはまったく違う方だ)と恨めしく思いつつ、ますます熱を上げていきます。

そんな源氏の様子はあっという間に広まって「源氏の大臣は朝顔の姫君にご執心だそうだ。だから同居の五の宮さまにも礼を尽くしていらっしゃるのだろう。結婚すればお似合いだ」。ウワサは紫の上の耳にも入ってきました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy