ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アイドル横丁夏まつり!!~2017~【PASSPO☆ライブレポート】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

PASSPO☆が7月8日(土)~7月9日(日)横浜赤レンガパークにて開催された「アイドル横丁夏まつり!!~2017~」に出演しました。PASSPO☆が出演したステージのすべてのライブレポートを届けます。

2009年結成の7人組ガールズロックユニット。旅とCAをモチーフにしており、衣装にもそれが反映されています。アイドルからの支持が1番高いとも言われているアイドルです。

7月8日(土)横丁3番地

PASSPO☆の夏に欠かせない「ViVi夏」でフライト(PASSPO☆ライブの呼び名)は始まり。メンバーコールも聞こえ、序盤から大盛り上がり。落ちサビにある“みおみおファイヤー”はこの日も健在。

タオル回しが欠かせない「LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~」で会場のテンションをさらに上げていきます。サビでは数え切れないほどのタオルが回り、素晴らしい一体感となりました。

「Music Navigation」は力強くパワフルなクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)が見ることができる1曲。キレのあるパフォーマンスに、クルーのことを描いているかのような歌詞にも注目しながら聞きたいところ。

ラストは9月27日(水)発売の新曲「すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~」で締めくくります。タイトルからして気になる楽曲ですが、PASSPO☆らしいスピード感あるアメリカガールズロックに仕上がっています。この夏にあちこちの会場で聞くことができそうな予感です。

7月8日(土)PASSPO☆横丁3番地セットリスト
1.ViVi夏
2.LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~
3.Music Navigation
4.すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~

7月8日(土)横丁1番地

フライトは「夏空HANABI」からスタート。この曲ではクルーが自身の担当カラーである扇子を使いながらパフォーマンスするのが特徴。7人が見せる華麗な舞は、陽が暮れ始めるこの時間帯の光景ととてもマッチしていました。

PASSPO☆の盛り上がりソングの1つでもある「WANTED!!」で会場を沸かしていきます。かっこいいPASSPO☆を見ることができる1曲であり、サビでの”WANTED!!”での振り付けは思わず真似したくなるもの。曲中にある根岸愛の台詞は白パッセンジャー(根岸愛推しのパッセンジャー)なら聞き逃せません。

先ほどの「WANTED!!」の雰囲気からゾンビがテーマである「PlayGround」に入るのはさすがのセンス。サビでは縦にジャンプするゾンビジャンプというのがあるため、ぜひともクルーと共に飛び跳ねたいところ。

ここでPASSPO☆人気曲である「Pretty Lie」を持ってくればパッセンジャーも待っていましたと言わんばかりの歓声。この曲ならではコールはこの日も発動。人気曲というのもあり、パッセンジャーも一際大きなコールを送っていました。

随所にかわいらしい振り付けが見られる「HONEY DISH」。クルーのキス顔やクルー同士でハグしたりなど、彼女たちの愛くるしい姿がギュッと詰まっています。そのかわいさに弾けるような笑顔と、改めて彼女たちを好きになってしまうのではないでしょうか。

女の友情がテーマである「バチェロレッテは終わらない」。結婚しても変わらない関係というのをコンセプトにしたこの楽曲は、ずっとPASSPO☆でいたいという想いを持っている彼女たちだからこそ歌える1曲となっています。

9月27日(水)発売の新曲「すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~」で会場を盛り上げます。披露前には増井みおから地球を救えそうなアイテムを授けてくれます。曲中に何度も登場する振り付けなので、ぜひとも覚えてクルーと共に踊りましょう。

最後に「マテリアルGirl」がきたら会場は完全に1つになります。サビでの振り付けはクルーも指示を出してくれるため簡単に真似することができるのが特徴。PASSPO☆のアップテンポーナンバー代表曲でもあり、会場のボルテージを凄まじく上げてくれました。

7月8日(土)PASSPO☆横丁1番地セットリスト
1.夏空HANABI
2.WANTED!!
3.PlayGround
4.Pretty Lie
5.HONEY DISH
6.バチェロレッテは終わらない
7.すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~
8.マテリアルGirl

7月9日(日)横丁1番地

フライトはメジャーデビュー曲である「少女飛行」からスタート。オリコンウィークリーランキング初登場1位を獲得したPASSPO☆にとっては代表曲でもあります。スチュワーデスを思わせてくれるマイクの持ち方にもぜひとも注目したいところ。

PASSPO☆の夏ソングでもある「ViVi夏」は曲名通り、夏には欠かせない楽曲。ぱすぽ☆(2013年にPASSPO☆に改名)時代の楽曲ですが、今でも歌われる機会がとても多い1曲です。

「HONEY DISH」はPASSPO☆のキュートさが随所に見ることができます。メンバー同士でハグをしたりと、かわいらしい姿に改めて彼女たちを好きになる1曲ではないでしょうか。最後のキス顔はパッセンジャーなら見逃せません。

9月27日(水)発売の新曲「すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~」をここで披露。披露前にはクルーがサビの振りをレクチャーしてくれたこともあり、あちこちに一緒に踊るパッセンジャーが見られました。

PASSPO☆の盛り上がり必至ナンバーである「マテリアルGirl」がきたら会場は完全に1つになります。サビでの振り付けは誰もが簡単に真似しやすく、会場には多くの人がクルーと共に振り付けを真似ていました。

PAASPO☆の人気曲でもある「Pretty Lie」。この曲ならではのコールがあるため、フライングで声を出すのはもはや恒例。それほどまでにぜひとも覚えて声に出したいところ。

最後を締めくくるのは「Music Navigation」。ずっとPASSPO☆でいるというのを掲げている彼女たち7人だからこそ歌える楽曲に仕上がっています。旅とCAがモチーフのため、それらを彷彿させてくれる歌詞や振り付けにも注目。

7月9日(日)PASSPO☆横丁1番地セットリスト
1.少女飛行
2.ViVi夏
3.HONEY DISH
4.すたんだっぷガールズ!~第1話ダメダメ怪獣にご用心~
5.マテリアルGirl
6.Pretty Lie
7.Music Navigation

記事・撮影/瀧澤 唯

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 瀧澤 唯) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。