体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イクメンが、家族にご飯を作って気が付いたこと―スパイスを使った本格“おとうカレー飯”に挑戦

生活・趣味

こんにちは。ハブチンです。つい先月のことですが、6月に内閣府が発表した『おとう飯(はん)』というキャンペーンをご存じでしょうか?キャンペーンの影響ではありませんが、最近我が家で、私がご飯を作るきっかけとなる出来事があったので、今回はそれについて書かせていただこうかと思います。

料理のイメージ
f:id:kensukesuzuki:20160405175548j:plain

【羽渕 彰博(ハブチン】

1986年、大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社。転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事し、ファシリテーターとしてIT、テレビ、新聞、音楽、家電、自動車など様々な業界のアイデア創出や人材育成に従事。2016年4月株式会社オムスビ設立。

ハブチン (@habchin3) | Twitter

内閣府の資料によると、「簡単に、手間を掛けず、多少見た目が悪くても美味しければ、それが『おとう飯』」だそうですが、それに対して「『おとう飯は簡単で見栄えが悪くてもいい』って、女性は手の込んだ見栄えのいい料理を作らないといけないってこと?」「長時間労働の是正をするのが先ではないか」等の意見がネットを中心にあがりました。

料理は妻任せ。でも、とある出来事から、ご飯を作ろうと決意

こうした意見に対して理解できる部分ももちろんあるのですが、私としては『おとう飯』という取り組み自体には批判する気はありません。「家族のために父親がご飯を作る」という行為自体は、ぜひやるべきことですし、純粋に良いことだと思います。

でも、なかなか料理は難しいですよね。私も洗濯物やゴミ捨てなど他の家事についてはやっているのですが、こと料理に関しては妻任せでおりました。

しかし先日、「自分も料理をしなければ」と思わされる出来事がありました。

私の母親が我が家にやってきて、妻が料理をもてなした時のことです。母親が、ご飯を食べながら突然涙をこぼしたのです。理由を聞くと「いつも人のために作るばかりだから、人に作ってもらう料理はうれしい」とのこと。当たり前のように、自分で作ることなくご飯を僕にとっては衝撃でした。そして、横にいる妻も、ずっと僕や息子のために毎日ごはんを作ってくれている存在だということに、改めて気づかされました。

こうしたキッカケもあり、妻のためにご飯を作ろうと考えたのでした。

「おとうカレー飯」を作ってみることに。せっかくなら、スパイスから

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会