体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲(ロンド)』が『iPhone』アプリで登場!

デジタル・IT
iPhoneアプリ『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲』ロゴ

『名探偵コナン』のオリジナル本格推理アドベンチャーゲームが『iPhone』アプリになって登場しました。バンダイナムコゲームスは『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲』を『iPhone』向けにアレンジ。無料版と有料版をそれぞれ配信開始しました。

『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲』は、2100年に家庭用ゲームで発売されたものを、タッチ操作を活かした“捜査方法”にアレンジしました。『iPhone』のRETINAディスプレイに合わせてすべて描きなおした美しいグラフィックは一見の価値ありです。

iPhoneアプリ『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲』プレイ画面

江戸川コナンと服部平次を使い分けながら挑むのは、日本と“アンデル王国”で起きるふたつの難事件。事件が発生したら怪しい場所にタッチして、キーワードや物品などの証拠を収集し、謎が解けたら“見破りシステム”で証拠を付きつけて犯人を追いつめていきます。

ヒロインの蘭、眠りの小五郎、怪盗キッドなど人気キャラクターも総登場。仮面ヤイバーの人気を脅かすヒーロー“人造人間オマニール”そして謎の秘宝「ブルーダリア(蒼き宝石)」とは? コナンと平次が暴くことになる“世界を巻き込んだ大きな真実”とは? 電車のなかでプレイしていたらうっかり乗り過ごすほど夢中になれそうなゲームアプリです。

iPhoneアプリ『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲』プレイ画面

2012年4月4日より配信になる無料版ではシナリオ『転落のヒーロー』のみがプレイ可能。4月3日より配信している有料版(1500円、税込み)ではすべてのシナリオで遊べます。iPhone3G/iPodTouch(iOS4.2 以降)に対応。

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 (C)2012 NBGI
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会