体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ニュージーランド南島・その1】地元で愛される食のあれこれ

日本と季節が真逆の南半球ニュージーランド。
冬のはじまりの6月頭に、”ニュージーランドのエディンバラ”と呼ばれる『ダニーデン』を中心にサウスランド、ワイタキ地方を巡りました。

本記事では食にまつわるあれこれをご紹介します。

●もくじ●
【1】クリエイティビティあふれるクラフトビール
【2】地元の食材を味わう
【3】学生の街で人気のリノベ系カフェ
【4】世界一の坂でチョコを転がして競う
【5】おまけ/ニュージーランド航空エコノミー機内食往復まとめ

【1】クリエイティビティあふれるクラフトビール

ニュージーランドのお酒と言えば、ワインを思い浮かべる方も多いかと思いますが、今回は地元で愛されるクラフトビールをご紹介します。

エマーソンズinダニーデン

こちらが、エマーソンズの新しい醸造所兼店舗。昨年オープンしたばかりです!
近くにはニュージーランド唯一の屋内ラクビー場『フォーサイス・バー・スタジアム』があり、ラグビーの試合の日は多くの人でにぎわうそうです。

オレンジ色の明かりが灯った店内は、とにかくオシャレ!
日が暮れる頃に来店したので、次々にお客さんが入ってきました。
こちらでは17ドルで、人気の6種のビールの飲み比べができます。

日本でも最近人気のIPAや地元の製本所から名前を取った”BOOK BINDER”など個性豊かなビールをゆっくり味わえます。
フードも魚介から羊肉まで、それぞれ工夫を感じさせる味付けで、何を頼んでも満足できる味とボリューム。

地元の若者に人気なのは、ポテトフライにグレイビーソースが乗ったもの(写真左上)で、チーズとソースのこってりした味が後を引く危険な味わいで、気がつくとこればかり食べてしまいます…

また、併設された醸造所では、見学ツアーもおこなっています。

フレンドリーでチャーミングなジョンさん。
さきほど紹介したビールの飲み比べがついて112ドル。
少々割高に感じるかもしれませんが、実際に製造している場所を見ながら説明が受けられるので、クラフトビールの製法に興味がある方やクラフトビールを製造されている方に特におすすめです。(※ツアーは英語のみ)

また、この日は何やら怪しげな会合が店の奥でおこなわれていました。

実はこれ、月一度、エマーソンズの関係者や常連が集まって、ビールの味の感想を話す会なんです。
知らずに見ると、何かのパーティーかと思うほど盛り上がっていました。こんな楽しそうな会から新しいビールが登場するのかと思うと、今後の展開にも注目したくなります。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。