体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『NINJA GAIDEN Σ』の世界観がさらに進化した『NINJA GAIDEN ΣPLUS』の魅力!

印

皆さん、こんにちは! 生放送でゲーム実況をさせていただいている梛(なぎ)です。今回もよろしくお願いします。今回書かせて頂いたソフトは2012年2月23日PlayStation Vita専用ソフトとして発売された『NINJA GAIDEN ΣPLUS』です。

NINJA GAIDEN ΣPLUS

先日3月22日には『NINJA GAIDEN 3』が発売されたことでも皆さん記憶に新しいと思います。この『NINJA GAIDEN ΣPLUS』の元は2007年に発売された『NINJA GAIDEN Σ』です。それがさらにバージョンアップして、ストーリーが手軽に楽しめる“ヒーローモード”の搭載など新要素を加えた作品となっています。

まずは操作説明です。移動は左スティック、カメラ操作は右スティック、Lボタンはガード、Rボタンはカメラのリセット、△ボタンは強攻撃、○ボタンは飛び道具、×ボタンはジャンプ、□ボタンは攻撃、方向キーはアイテム表示/使用、○ボタン+△ボタンで忍法の発動ができます。そしてここに『Vita』だけにしかない操作方法が! それは背面タッチパッドを使った忍法の強化です。忍法発動中画面に“印”が出現します。画面の表示に従って背面タッチバッドをうまく操作すると、忍法がパワーアップします。なかなかタイミングが難しいですが、慣れれば敵を一掃するほどの強さになります。忍法によってパワーアップの方法は違いますので新しい忍法を手に入れたらぜひやってみてください。

プレイ画面

2月にあった『ニコニコ生放送』の番組『ゲーム『NINJA GAIDEN Σ』18時間ぶっ通し! 全クリアまで終わらない生放送!』に出演させていただいたということもあって、今回このゲームを改めてプレイさせてもらえるのは非常に光栄でした。でもこのゲーム難しいです。敵を撃破したときの爽快感は凄いですが、なかなか抜けられないということが多くて、心が折れた方も多いと思います。

しかし今回、この『ΣPLUS』には先程言った新要素であるヒーローモードというものがあります。これは最初から選べる難易度の1つです。このヒーローモードはリュウの体力が減って赤くなると自動的にガードか回避をしてくれます。そして画面にヒーローゲージが出現している間は忍法が使いたい放題なのです! 体力が回復したらヒーローモードは終了してしまいますがここぞというときにはかなり便利なものなので私のようにゲームが下手な人でも結構簡単に敵を倒すことができます。

『NINJA GAIDEN Σ』の世界観がさらに進化した『NINJA GAIDEN ΣPLUS』の魅力!

プレイをしていて驚いたのは映像のキレイさです。『Vita』は有機ELディスプレーということもあり色が鮮やかなのですが、『ΣPLUS』の世界観と相まってとてもキレイです。火がまわりにあるシーンは目が痛くなりそうです(笑)。リュウの幼なじみ、呉葉の登場シーンは映像のキレイさに本当に見とれてしまいました。実はここが『NINJA GAIDEN Σ』とは少し違い、解像度が改善されているそうです。その世界を堪能してみてください。

最初は難しいかなと心配でしたが新要素であるヒーローモード、そしてキレイな映像の世界に入り込んでどんどん先に進めていくことができました。『NINJA GAIDEN』シリーズ初見の方も、他の作品をプレイしたことある方にもお勧めの作品です!

(C)2007-2012 コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved.

ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。