体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グラソー ビタミンウォーター×蜷川実花』新グラフィック撮影現場で斎藤工にインタビュー 「赤は“LIVE”を感じる」

『グラソー ビタミンウォーター×蜷川実花』新グラフィック撮影現場で斎藤工にインタビュー 「赤は“LIVE”を感じる」

この春「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」をタグライン(※)に、写真家の蜷川実花さんが新グラフィックを手がける『グラソー ビタミンウォーター』。ガジェット通信は、『power-c』を表現する斎藤工さんの撮影現場にお邪魔しました。前回の蜷川さんインタビューに続き、今回は蜷川さんの撮影現場レポートと、斎藤工さんのインタビューをお届けします。
※タグラインは、企業やブランドのコンセプトや主張を分かりやすく伝えるためのスローガンやキャッチフレーズのこと。

蜷川さんの撮影風景

今回の新グラフィックは、斎藤工さん、くみっきーさん、KOuKAさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、窪塚洋介さんをモデルに起用。全国の屋外広告に個性的な5名がそれぞれのフレーバーをイメージしたカラーで「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」を表現します。

基本的にはカメラマンの蜷川さんとモデルによる1対1のスチール撮影なのですが、現場のスタジオには50名はいるかと思われるスタッフの姿が。美術、スタイリスト、照明など多くの裏方が作品づくりに参加していることに驚きました。

赤と白色の照明

撮影はまだ肌寒い3月に行われましたが、スタジオ内はガンガンに照り付ける照明とスタッフの熱気ですごい暑さ! 「情熱とエネルギーを表現する」という『power-c』グラフィックのコンセプトにぴったりな現場の雰囲気です。

シンプルなセット

セットは『power-c』のテーマカラーとなる赤の背景に、赤と黒の市松模様のタイルが床に貼られたシンプルなもの。赤いバラの花びらがちりばめられています。これが蜷川さんの撮影によりどんな世界観を表現しているのかは、実際に屋外広告で確認してみてください。

撮影の合間に、『power-c』のモデルを務める斎藤工さんにお話を伺うことができました。

斎藤工さんインタビュー(聞き手:藤本エリ)

撮影の合間にインタビューに答えていただきました

――今回蜷川さんの撮影に参加されてみていかがでしたか?

斎藤工(以下、斎藤):蜷川さんが監督する映画『ヘルタースケルター』に一瞬出させていただいて、そこで初めてお会いしたんですね。まだひと月経ってないんですけど、今日で二度目なんですよ。もともと実花さんのファンで、写真集を何冊も持っていたりして、芸術家として好きなんです。

この「赤」のイメージは自分の中にない一面だったんですよ。だから「見抜かれてるな」って思って。自分は普段赤なんて着ないし、持ってないし、赤を着ている自分なんて想像できなかったんですけど、1枚目のテストを見てそれが答えだったんですよ。素材として僕をどう活かせば良いのか分かっている感じで脱帽ですね。まだビックリしています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会