体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』制作発表に坂上忍、石丸幹二が登場!主演ビリー・タイは圧巻の生歌披露

ブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』(9月8日~24日・東急シアターオーブ)の制作発表が行われ、主演のビリー・タイ、応援サポーターの坂上忍が登壇。途中、俳優・石丸幹二もサプライズで登場し、2019年に上演される日本版プロダクションで主演を務めることが発表された。

 

名作「ピーターパン」の制作秘話を舞台化したブロードウェイの人気作

『ファインディング・ネバーランド』は、世界で愛されるファンタジー作品「ピーターパン」が誕生するまでの感動秘話を基にしたブロードウェイミュージカル。

19世紀後半のロンドンで、スランプに陥っていた劇作家J.M バリーが、美しい未亡人と4人の子供達(ジャック、ジョージ、マイケル、ピーター)との出会いをきっかけに、名作「ピーターパン」を生み出し、舞台化に成功するまでの実話を描いた物語だ。

日本では2005年に公開された、ジョニー・デップ主演、アカデミー賞7部門にノミネート・作曲賞を受賞した同名映画(邦題「ネバーランド」)をミュージカル化した話題作が、今秋待望の初来日を果たす。

 

制作発表に応援サポーターの坂上忍&主演ビリー・タイが登壇!

司会を務めた中井美穂から紹介を受け、制作発表に登場した坂上忍ビリー・タイ。すでにアメリカで同作を観劇したという坂上は「素晴らしい作品だったので、全力で応援したい」とコメント。一方、ビリーは「主人公のJ.M バリーを演じます。彼が芸術的な誠実さや、自分自身を探究していく作品になっています」と爽やかな笑顔で挨拶した。

 

まずは、本作のあらすじや魅力をまとめたVTR上映からイベントがスタート。

映像を見終えた坂上は「ゾクッとしました」と観劇当時の感動が蘇った様子。ビリーの印象について聞かれると「舞台の上に立ってライトを浴びていると、歌が図抜けてすごい!でも今日は…タイちゃんです(笑)」と、主演俳優の“ふだん”と“舞台上”のギャップに微笑んだ。

 

そんな中、坂上はミュージカルに苦手意識があったことを暴露。「バイキングが終わって、拉致されるようにサンフランシスコに飛ばされて。あまり寝ていなかったから寝ちゃうんじゃないかと心配したけど、(ミュージカルを観たら)時差ボケも感じないくらい食いついてしまい、気付いたら泣かされていました」と振り返った。さらに、作品の好きなところは一人一人の役者を大事にしていることだと話し、「紡ぎ合い方が秀逸で、そこに一番感動しました」と俳優ならではの視点で絶賛した。

 

また自身が運営する子役スクールの生徒と一緒に観劇したことも明かし、「子どもの目の色が変わり、圧倒されていた。熱や感情は言葉ではないので、そんなところをビンビンに感じていたみたい。ひとつの作品を作るのは大変だけど、諦めなければ夢は具現化できる。大人も元気にさせてもらえる作品だと思いました」と力を込める。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。