体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゾンビ版“7人の侍”や『ファンタズム』最新作も 映画祭『カリコレ2017』ホラー・スリラー系作品まとめ

毎年新宿シネマカリテで開催されている映画祭『カリコレ』が今年もいよいよ7月より開催。今年は5週間にわたって50作品上映されるとのこと。ホラー系作品も充実しているのが『カリコレ』の嬉しいところでして、気になる作品を見逃さないよう、ホラー・スリラー系の上映作品をまとめました。

日本初上映の新作から、スクリーンで観たい旧作まで揃う『カリコレ』。今年の上映作品は、伝説的ホラーシリーズ『ファンタズム』の最新作『ファンタズムⅤ ザ・ファイナル』が登場。旧作『ファンタズム』も併せて上映されるので是非チェックを。安酒を飲んだら体がカラフルにドロドロと溶けていく傑作ホラー『吐きだめの悪魔』もありますよ!(トップ画像のドロドロちゃんは今作の画像です)

また、バイバイマンの“中の人”を担当したダグ・ジョーンズが長身の怪人に扮するその名も『スレンダー 長身の怪人』。義眼カメラが行方不明事件の真相を記録していた『グレースフィールド・インシデント』。義眼カメラ設定はホラーオムニバス『V/H/S ネクストレベル』でもありましたね!

『カリコレ』に欠かせないアサイラム映画枠からはゾンビ版“7人の侍”と謳われる『DEAD7 デッド・セブン』。こちらはなんとバックストリート・ボーイズのニック・カーターが主演しております。夏に欠かせないサメ映画枠はケージの中からシャーク・ウォッチングに興じていた大学生が窮地に陥る『ケージ・ダイブ』

うっかり殺しちゃった上司を冷蔵庫にしまおうとしたらすでに死体が入っていた!というブラック・コメディ『バーニー・トムソンの殺人日記』。こちらは『T2 トレインスポッティング』が記憶に新しいロバート・カーライルが監督・主演を務めてます。

「ホラー」「SFホラー」「スリラー」「ゾンビ」「サメ」「ブラック・コメディ」「シリーズ最新作」「旧作上映」にジャンル分けした各作品一覧は下記をご覧ください。上映日時は変更される場合があるためお出かけ前に公式サイトをチェックしてくださいね。

ホラー

『フィアー・インク』


上映日:7/24(月)10:00、7/25(火)14:20、7/30(日)13:30、8/9(水)12:30、8/13(日)18:30

顧客に人生最大の恐怖を提供する会社“FEAR.INC(フィアー・インク)”に連絡したホラー映画フリークのジョーとその友人たちが、命を懸けたゲームに巻き込まれていく。世界中の映画祭を熱狂の渦に巻き込んだ、トリッキー・ホラー・ムービー!

原題:Fear,INC.
監督:ヴィンセント・マッシェル
出演:ルーカス・ネフ/ケイトリン・ステイシー

『スレンダー 長身の怪人』


上映日:7/15(土)21:007/19(水)14:30

アメリカのとある田舎町で見つかったビデオテープ。中には黒いスーツの男と謎の記号が映っていた・・・全米が震撼した都市伝説を追った戦慄のホラー。

原題:ALWAYS WATCHING:A MARBLE HORNETS STORY
監督:ジェームズ・モラン
出演:アレクサンドラ・ブレッケンリッジ/ダグ・ジョーンズ/ジェイク・マクドーマン

『ネイルズ -悪霊病棟-』


上映日:7/17(月・祝)21:00、7/20(木)13:00、7/21(金)16:00
恐ろしい爪の悪霊“ネイルズ”が交通事故で瀕死の重体を負った陸上競技コーチに襲い掛かる。『ディセント』のS・マクドナルドがたった一人で挑む恐怖のサバイバルゲーム!

1 2 3 4次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。