体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サブカル&ジャニヲタ女性に人気急上昇中のネカフェ“ネトマル池袋&道頓堀”に突撃 セキュリティが本気ですごい[PR]

どうも、サブカルライターのモトタキです。ネットカフェやホテルのセキュリティ問題が『Twitter』で炎上案件となったのも記憶に新しいのではないだろうか。そんな騒動の中で「宿泊費をケチったらセキュリティは悪くなって当たり前」との意見もよく見かける。確かに“安全をお金で買う”のは理解できる。しかし、女性にとって「ホテルのセキュリティがガバガバ」なのは死活問題だ。男性だってもちろん気が休まらない。

だが女性の間で「セキュリティがばっちり」との人気急上昇のネットカフェがある。それが“ネトマル”だ。関東には“ネトマル池袋西口店”、関西には“ネトマルなんば道頓堀店”の2店舗があり、それぞれ違った特徴があるという。ウワサの“ネトマル”の設備はどんなものか。モトタキが実際に突撃取材で確かめにいってきた。

サブカル系に人気 『エアウィーヴ』も完備の“ネトマル池袋西口店”

netmaru_ikebukuro_b

“ネトマル池袋西口店”は、JR池袋駅西口を出て徒歩5分エレベーターで3階に上がれば受付だ。こちらは、コスプレイヤーなどアニメファン、ヴィジュアル系バンドのファンであるいわゆる“バンギャ”に人気のお店らしい。

廊下には部屋やトイレ、シャワーの場所を案内するピクトマーク。こちらは“ネトマル”オリジナルだという。お洒落で小奇麗な雰囲気なのは嬉しい。

池袋西口店の秘密兵器は、アスリートが使っていることでも知られるマットレス『エアウィーヴ』だ。すべての部屋に完備されているわけではないので注意。このエアウィーヴ、めちゃくちゃ安眠できると評判だ。スタッフに聞いたところ、お客のなかには一度眠りについてしまうと起きることができず、延長してしまう人もちらほらいるという。すごいな『エアウィーヴ』。

ぐいぐい押してみたり触ってみた。反発力があり寝返りがしやすいそうで、ぐっすりとした眠りにつけそうだった。持って帰りたい。

ツインルームも見せてもらった。広々としている。男性同士でも、男女でも、女性同士でも利用可能だという。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。