体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの人のお宅拝見[3] ザ・ペニンシュラ東京を手掛けたデザイナー 橋本夕紀夫さんの30坪の自宅

あの人のお宅拝見[3] ザ・ペニンシュラ東京を手掛けたデザイナー 橋本夕紀夫さんの30坪の自宅

6月9日に開業したホテル『コンラッド大阪』、そのインテリアは橋本夕紀夫さんと日建スペースデザインが共働でデザインした。『ザ・ペニンシュラ東京』などホテルや商業施設、また多くの商品プロダクトを手掛ける人気デザイナーの橋本さんと筆者は住宅のお仕事でご一緒し、素材感のあるデザイン力に惹かれていた。それ以来「橋本さんのご自宅に行ってみたいなぁ」と思っていたが、今回その願いがかない自邸を取材させていただいた。連載【あの人のお宅拝見!】

住宅業界にかかわって25年以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

まずは橋本夕紀夫さんの最新プロジェクト『コンラッド大阪』から、そのデザインの魅力を紹介したい。

コンセプトは“Your Address in the Sky -雲をつきぬけて-”。橋本さんは「地上200mの高さから、ビルの向こうに見える山や川の景色、雲や風など自然現象をアートやデザインで室内に取り込んでみました」と。【画像1】『コンラッド大阪』、中之島フェスティバルタワー・ウエストの最高層階全164室。和の美しさが印象的な朱色のバスタブは橋本氏デザインの『TOMOE』、素材は漆塗り!(画像提供/コンラッド大阪)

【画像1】『コンラッド大阪』、中之島フェスティバルタワー・ウエストの最高層階全164室。和の美しさが印象的な朱色のバスタブは橋本氏デザインの『TOMOE』、素材は漆塗り!(画像提供/コンラッド大阪)

さて、そんな洗練された和をデザインする橋本さんのご自宅にいよいよ訪問。東京の都市部住宅地、道路沿いに左官仕上げの壁が特徴的で「ここだ!」と分かる家を発見。【画像2】2004年12月竣工。コの字型の外観、左官仕上げの白と黄土色のコントラストが街並みに違和感なくたたずむ(写真撮影/片山貴博)

【画像2】2004年12月竣工。コの字型の外観、左官仕上げの白と黄土色のコントラストが街並みに違和感なくたたずむ(写真撮影/片山貴博)

車庫の奥が玄関。濃い茶色のむく材を壁から張って玄関扉との連続性をもたせ、美しい収まりになっている。【画像3】むくの木、左官の土、足元に回したタイルの石と、この自然の素材感が橋本さんらしい。玄関扉は天井高からの引き戸(写真撮影/片山貴博)

【画像3】むくの木、左官の土、足元に回したタイルの石と、この自然の素材感が橋本さんらしい。玄関扉は天井高からの引き戸(写真撮影/片山貴博)

玄関の引き戸を開けると、印象的なアートが飾られたエントランス。女性の顔は、小林孝亘作の油絵。【画像4】モダンアートがお好きなようで、面白いものがあちこちに飾られている(写真撮影/片山貴博) 【画像4】モダンアートがお好きなようで、面白いものがあちこちに飾られている(写真撮影/片山貴博)【画像5】来客用スリッパをオシャレな紙袋に入れ、さり気なく椅子の下に置く。真似したいアイデア!(写真撮影/片山貴博)

【画像5】来客用スリッパをオシャレな紙袋に入れ、さり気なく椅子の下に置く。真似したいアイデア!(写真撮影/片山貴博)

中に入ると、いきなり全面大開口の明るいリビングダイニングが広がっていた。天気の良かった取材日は、天井高までのサッシをフルオープンに。塀で囲まれた中庭と一体化した空間は、半戸外で気持ち良い。【画像6】2階建て88m2の2LDK+ウォークインクローゼット。広い中庭のおかげで、面積以上に広く感じるリビングルーム(写真撮影/片山貴博)

【画像6】2階建て88m2の2LDK+ウォークインクローゼット。広い中庭のおかげで、面積以上に広く感じるリビングルーム(写真撮影/片山貴博)

その気持ちの良いリビングダイニングで、橋本さんにご自宅の設計についてお話を伺った。

「ホテルや商業施設と住宅は、全く違う感覚でデザインしますが、共通しているのは“自然を取り込む”という点ですね」【画像7】住宅デザインも、個人邸から住宅メーカーのモデルハウス(住友林業:東京都世田谷区・駒沢第一展示場)まで手掛ける橋本さん(写真撮影/片山貴博)

【画像7】住宅デザインも、個人邸から住宅メーカーのモデルハウス(住友林業:東京都世田谷区・駒沢第一展示場)まで手掛ける橋本さん(写真撮影/片山貴博)

「ここは土地も30坪と小さいですが、デッキの中庭を設けることによって、外との関係ができて広く感じますよね。空気が風と共に流れ、日が燦々(さんさん)と降りそそぐような心地良さが住まいには必要だと思います」【画像8】中庭側から見たリビングダイニング(写真撮影/片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。