ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カレー店なのに店名が「フジヤマプリン」!?謎が謎を呼びっぱなしで解決には至らず【京都】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_la:20170616120413j:plain

名は体を表す、って本当ですか。こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回ご紹介するお店の名前は「フジヤマプリン」です。でも、プリン専門店ではなく、カレーがメインのお店。

そして先に申し上げると「フジヤマ」に、意味はありません。どんなこっちゃ。

ということで、調べてまいりました。

お店を支えているのは家族の歴史

f:id:mesitsu_la:20170616120406j:plain

場所は、京都市右京区。天神川通り西側に面していて、高辻通りと五条通りの間。

f:id:mesitsu_la:20170616120408j:plain

お店の南脇には、駐車場が4台分。徒歩3分の場所には+2台分の駐車場がありますよ。車派の方はチェックを!

こちら「フジヤマプリン」は、1999年にオープン。その後いろいろあって現在に至ります。その「いろいろ」の中に、ネーミングの理由やカレーの秘密がありますので、分かりやすいよう登場人物別にまとめました。

●店長……30代男性、写真は「恥ずかしいからちょっと……」とのことでしたが、爽やかなメガネ男子です。

●祖母……西京極運動公園の前で、昭和40年より喫茶店「MOKU」を経営。長く続いていたが、1990年代に閉店。

●母親……「MOKU」のカレーを引き継ぐ。

●父親……この場所で印刷会社を経営していたとき、飲食部門を立ち上げることになる。印刷会社の頭文字が「FP」だっため、同じ頭文字になる「フジヤマプリン」を命名。「世界進出したときに、名前がフジヤマだったら日本ぽいよな!」というのも理由のひとつのよう。

ということで、

「フジヤマプリン」という店名に意味はないのです。

●母親……「MOKU」で受け継いだカレーを提供する「フジヤマプリン」店主となる。

半年後いったん閉店。

●弟……大学卒業後の2007年、「フジヤマプリン」を再開。

店名が「フジヤマプリン」なのに、プリンを出していないのはおかしいかも……と、プリンを開発。

2015年、突如、宮崎県の地にほれ、縁もゆかりもない地で「フジヤマプリン」を開店。

●(ふたたび)店長……会社を辞め、こちらの「フジヤマプリン」を引き継ぐ。

f:id:mesitsu_la:20170616120410j:plain

弟さんが「フジヤマプリン」を始めて、2017年で10周年を迎えました。お店の中のかわいい飾りは、10周年パーティーのなごり。

f:id:mesitsu_la:20170616120409j:plain

店内は、木のテーブルやバラバラの椅子が置かれていて、ナチュラルな雰囲気。女性ウケしそうな感じですが、平日の昼間は男性のお客さんが多いそう。

f:id:mesitsu_la:20170616120421j:plain

パッチワークのコースターは、お母様による手作り。

f:id:mesitsu_la:20170616120411j:plain

1人でもくつろげるカウンター席。窓の外に見える緑は、天神川沿いの桜の木です。

昼にちょっと立ち寄って、緑を眺めながらぼんやりするのもいいですね。

f:id:mesitsu_la:20170616120422j:plain

カウンター席の端にあった、木を削りだしたと思われる椅子が好みでした。店長さんに、どこのものかお聞きしましたが「いや〜、僕、引き継いだだけなんで分からないんですよ」。

f:id:mesitsu_la:20170616120423j:plain

アンティーク風の椅子も「母親がアンティークショップを巡っていたような気がしますが、これもどこのものなのか分からないんです、すみません」。

私見ですが、こんなゆるさっていいと思うんです。

すべてがすべて「1890年代、ヨーロッパで主流だった○○○を、日本の職人がアレンジしたもので、僕たちはリペアを繰り返し」的なうんちくは、まあ、なくてもいい。カレー店ですし。

ついでに言うと、店名の由来もわからなくていいんですよ。世の中、すべて解明できてしまったらつまらないじゃないですか。「まあ、どうでもええけどな」的なのって、人生に必要だと思うんですよ(いきなり人生論)。

f:id:mesitsu_la:20170616120407j:plain

店名の英字表記は「FUJIYAMA PURIN」です。プリンって、英語表記だと「pudding」なのになぜ??

しかしやはり、店長さんからの回答は「それも分からない(笑)。まあ、読めるからええんちゃうかな」と、これまたゆるい。

ちなみに、お店の外壁の一部が工場っぽいのは、印刷会社時代のなごりだそうです。

意外とスパイシーな、おばあちゃんのカレー

f:id:mesitsu_la:20170616120412j:plain

▲近江牛すじライスカレー(980円)

※平日11:30〜15:00(LO 14:30)のランチタイムは950円でプチサラダ付き

カレーは13種類ありますが、基本のルーは同じ。おばあちゃんが喫茶店時代に作っていた、昔ながらのカレーです。

カレーは、カレーライスではなく「ライスカレー」。なぜかというと……、はい、理由はやはり不明でした。

鹿児島産豚しゃぶライスカレーと迷いましたが、一番人気のすじライスカレーを注文。

f:id:mesitsu_la:20170616120419j:plain

ルーはもったり、まったり、そして奥深い。最初は「甘いな」と感じるのですが、後からピリッと辛さがやってきます。

ばくばく食べてると、おばあちゃんに「辛いよ、おばあちゃん、お水お水!」って話しかけてしまいそう。おばあちゃん、会ったことないけど。

甘さを支えているのは、玉ネギとニンジン、そしてマンゴー(!)や桃などのフルーツだそう。マンゴーなんて、生でもめったに食べる機会ないのに、こんなところで出合えるとは。桃だって高級品ですよ。うわあああ、ぜいたくやん!

f:id:mesitsu_la:20170616120418j:plain

そしてですよ、この牛スジ。むっちゃくちゃウマイ。むっちむちのぷりんぷりん。スジの脂身すら主役。さすが近江牛!

そして、この牛スジがごろんごろん入っておりまして、けっこうなボリュームなんですよ。

ぱくぱく食べるというよりも、かみ締めながら食べる、「食べるカレー」です。いや、カレーは本来、飲み物ではなく食べ物なんですけどね。

f:id:mesitsu_la:20170616120420j:plain

はいっ、ルーの中に黒いつぶつぶ見つけました!

こちらは、ルーを作るときに一緒に煮込まれて形がなくなった、近江牛の角切り&赤身部分の片りんです。うわ、ぜいたくだああ〜〜(2回目)。

f:id:mesitsu_la:20170616120414j:plain

箸休めはこちらのピクルス。酸っぱくなくて、ピクルスと浅漬けの間くらいの穏やかさ。どことなく家庭っぽい、そんな味わいです。

プリンも絶品

そして、もう一つの名物もいただいちゃいますよ! それはもちろん、プリンです!!

「フジヤマプリン」という名前から想像するのは、こういうボリューム大な感じですよね。

f:id:mesitsu_la:20170623144422j:plain

▲画・ナガオヨウコ

しかし、またしても裏切られました。でかい山型プリンではありませんでした。

小ぶりサイズでおしゃれでした。

f:id:mesitsu_la:20170616120415j:plain

▲(左より)沖縄産黒糖・宇治抹茶ミルク・珈琲牛乳・キャラメルチャイ

(各280円/ランチタイムは各250円 ※宇治抹茶ミルクのみ300円/ランチタイムは250円)

プリンはお持ち帰りもできますよ。ちょっとした手みやげに喜ばれそうなルックスです。

f:id:mesitsu_la:20170616120416j:plain

プリンはそれぞれ、シロップをかけていただきます。

黒糖プリンと宇治抹茶ミルクには黒蜜、珈琲牛乳にはアイス珈琲のシロップ。チャイはそのままでいただきます。

f:id:mesitsu_la:20170616120417j:plain

私が選んだのは黒糖プリン。これ、むっちゃつるんつるんなんですよ。絹ごし豆腐よりもキメが細かくて、舌の上でとるぅりと滑るほどに。プリン本体もシロップも甘さ控えめなので、カレーの余韻が消えることもありません。

そもそもこちらのプリンは、「カレーの後に食べたくなるプリンを」と、カレーありきで開発されたそう。確かに、カレーの後に焼きプリンや濃厚プリンは合わないですもんね。ということで、プリンは卵を使わず、牛乳と寒天であっさりと仕上げてあります。

気負いなくふらり訪れて、おばあちゃんの喫茶店カレーを食べて、プリンでたおやかに締めくくる……。そんな時間を求めて訪れる、車派の営業マンも多いそうです。あなたもぜひ。

お店情報

フジヤマプリン

住所:京都府京都市右京区西京極北大入町68

電話番号:075-311-3499

営業時間:11:30~20:30(LO 20:30)※月曜日・金曜日は〜18:00(LO 17:45)

定休日:火曜日+不定休

ウェブサイト:http://www.fujipuri.net/

※本記事は2017年6月の情報です。

※金額はすべて消費税込です。

書いた人:ナガオヨウコ

ナガオヨウコ

ライター歴22年、京都在住のフリーライター。食、手芸、子育て、京都関連の雑誌や書籍、webに執筆中。10年間続けている自然農業の畑では、20~30種の野菜やハーブ、花を栽培。 ブログ:しましま畑でつかまえて

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

白いたこ焼きにたこ焼きサンド!? 実はマジメな自然派たこ焼き店「みはし屋」【京都】
並盛の総重量は約1キロ! ランチ豚バラ丼は限定5食だぞ!「焼肉あにき」【京都】
まき火炊きの濃厚鶏スープで作る「とり伊」の親子丼は、一杯で三度うまい!【京都】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。