ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サイクリング中の「ながらスマホ」を強制的に妨げる自転車用スマートロック「Safe Lock」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SafeLockの利用イメージ自転車の台数が人口を上回るほどの“自転車大国”であるオランダでは、通勤・通学や買い物などの一般的な移動手段として、自転車が広く利用されてきた。

しかしながら、近年、スマートフォンの普及に伴い、自転車に乗りながらスマートフォンを操作する、いわゆる“ながらスマホ”による自転車事故が増加。

子どもを巻き込む自転車事故のうち“ながらスマホ”が原因とみられるものが、約2割を占めているという。

・自転車の施解錠とモバイル通信ネットワークを連動

SafeLockの自転車用ロックとスマホアプリオランダの大手通信事業者KPNは、オランダ交通安全協会(VVN)らと提携し、自転車の施解錠とモバイルネットワークのオンオフを連動させた、世界初の自転車用スマートロック「Safe Lock(セーフ・ロック)」を開発している。

「Safe Lock」は、専用スマホアプリで自転車用ロックを施解錠する“キーレススマートロック”を応用。

スマホアプリで自転車のロックを解錠すると、KPNのモバイルネットワークが自動的に遮断され、スマートフォンでの通話やデータ通信が利用できなくなり、サイクリングを終えて施錠すると、モバイルネットワークが再びつながる仕組みだ。

・サイクリング中の“ながらスマホ”を防ぐ画期的なツール

「Safe Lock」は、2017年夏、実証実験を行ったのち、2017年末までに、KPNの契約ユーザーを対象に、定価100ユーロ(約1万2,460円)で販売を開始する方針。

サイクリング中の“ながらスマホ”を強制的に妨げ、自転車事故を未然に防ぐための画期的なツールとして注目されている。

Safe Lock

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。