体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『日清 けやき 札幌味噌ラーメン』味噌ラー本場の行列店とのコラボで生まれた透明油膜スープの本格派だが…

ご当地ラーメンブームの元祖といえば札幌ラーメン。WWII直後の満州引揚者により発展したというから古い。その中でも特徴なのが、1955年頃に生まれた味噌ラーメン。そうした歴史的土地柄で行列の絶えない1999年開業の味噌ラーメン専門店が「にとりのけやき」で、その味をカップ化したのがこの『日清 けやき 札幌味噌ラーメン』である。

1950年代半ばに誕生した味噌ラーメンのルーツと今風の油たっぷり感と野菜の甘みがミックスされた独自の進化版

 

数年前から度々サンクスPB「PrimeONE」商品として登場していたこの製品、ファミリーマートとの経営統合を経て「PrimeONE」は消滅したものの、この日清食品『日清 けやき 札幌味噌ラーメン』(138gうち麺70g・実勢価格 税抜280円・2017年6月6日発売)は生き残り、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定・数量限定商品として蘇った。ファンが相当多いのだろうと予想される。

札幌味噌ラーメンの特徴といえば、たっぷりのもやしで麺がなかなか出てこない、でも見つかりやすいように(?)麺が黄色、豚骨ベースのこってりなはずなのに、野菜の多さであっさり感じる。さらに味噌味なので、どこか健康に良さげ、といったところだろうか。

 

 

記者もたまに札幌味噌ラーメンが食べたくなるが、最近では札幌ラーメン店自体が少ないので、なかなか機会がない。このように手軽にコンビニ店頭で入手できるのは助かる。

それではかやく、粉末スープ、液体スープを中から取り出して、かやくだけを投入して湯入れだ。中にいるのは黄色さが際立つ美味しそうなノンフライ麺。そこそこ太めなのが期待大。かやくはキャベツ、味付け肉そぼろ、人参、メンマ、ネギというラインナップ。

4分後、スープを加える前に、しっかり麺を箸でほぐすのがノンフライ麺を美味しく食べるための鉄のルール。よくパッケージにも先に麺をほぐさないでスープを入れると大変なことになると脅されているので、記者もおためしキャリアが浅い頃、個人的に実験してみたことがあるが、笑っちゃうほどほぐれなくなる。塊の麺を味わうことになる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。