ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『日清 けやき 札幌味噌ラーメン』味噌ラー本場の行列店とのコラボで生まれた透明油膜スープの本格派だが…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ご当地ラーメンブームの元祖といえば札幌ラーメン。WWII直後の満州引揚者により発展したというから古い。その中でも特徴なのが、1955年頃に生まれた味噌ラーメン。そうした歴史的土地柄で行列の絶えない1999年開業の味噌ラーメン専門店が「にとりのけやき」で、その味をカップ化したのがこの『日清 けやき 札幌味噌ラーメン』である。

1950年代半ばに誕生した味噌ラーメンのルーツと今風の油たっぷり感と野菜の甘みがミックスされた独自の進化版

 

数年前から度々サンクスPB「PrimeONE」商品として登場していたこの製品、ファミリーマートとの経営統合を経て「PrimeONE」は消滅したものの、この日清食品『日清 けやき 札幌味噌ラーメン』(138gうち麺70g・実勢価格 税抜280円・2017年6月6日発売)は生き残り、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定・数量限定商品として蘇った。ファンが相当多いのだろうと予想される。

札幌味噌ラーメンの特徴といえば、たっぷりのもやしで麺がなかなか出てこない、でも見つかりやすいように(?)麺が黄色、豚骨ベースのこってりなはずなのに、野菜の多さであっさり感じる。さらに味噌味なので、どこか健康に良さげ、といったところだろうか。

 

 

記者もたまに札幌味噌ラーメンが食べたくなるが、最近では札幌ラーメン店自体が少ないので、なかなか機会がない。このように手軽にコンビニ店頭で入手できるのは助かる。

それではかやく、粉末スープ、液体スープを中から取り出して、かやくだけを投入して湯入れだ。中にいるのは黄色さが際立つ美味しそうなノンフライ麺。そこそこ太めなのが期待大。かやくはキャベツ、味付け肉そぼろ、人参、メンマ、ネギというラインナップ。

4分後、スープを加える前に、しっかり麺を箸でほぐすのがノンフライ麺を美味しく食べるための鉄のルール。よくパッケージにも先に麺をほぐさないでスープを入れると大変なことになると脅されているので、記者もおためしキャリアが浅い頃、個人的に実験してみたことがあるが、笑っちゃうほどほぐれなくなる。塊の麺を味わうことになる。

それもまた一興だとか、記者のように自分の目で見たものしか信じたくないタイプの人なら一度やってみるといいと思う。そんなリスクとともにカップ麺を味わいたくないという保守的な(正常な?)人なら大人しくきっちり麺をほぐしてからスープを入れよう。

ただそうしたスープを入れる前に指定はよくあるのだが、粉末と液体のどちらを先に入れるかの指定がないことが多いのが、マニュアル世代としては困ってしまうところ。記者の体感でいうと、先に粉末を溶かしてから液体スープを入れたほうがダマにならないのでオススメだ。

 

透明な油膜のできた現代的なスープから飛び出す野菜の味わいが強烈!

仕上がりは油膜に覆われた向こうに、ダークな味噌の色が潜む現代的なタイプ。いつもはもやしで隠れているから意識しないが、それをどけるとこんな感じなのかも。スープを飲むと、ニンニク感と野菜の甘み・旨みが襲いかかる。

麺は太めで弾力のある生麺ライクな黄色い麺。弾力はいいのだが、のびの点ではやはり生麺には叶わないタイプ。麺とスープを一緒に食べると濃厚な味噌味の中で野菜味が暴れまわる味に。野菜嫌いな人にはオススメしにくい味。記者もできることなら野菜は食べずに生きていきたいタイプなので、これは少々厳しい。

味噌ラーメンを食べたい時は、味噌の旨みは欲しいのだが、野菜は甘くなるほど要らないし、シャープにあっさり楽しみたいと思う記者にとっては、がっかり感のある味わいだった。ファミリーマート、サークルK、サンクス限定・数量限定で購入可能。


関連記事リンク(外部サイト)

『汁なし担担麺』が細身のノンフライ麺で実現した中国四川省本来の食し方で味わうファミマ限定本格派ピリ辛担々麺!
『日清のどん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん』は流行りの”鶏白湯”でうどん派もラーメン派もうれしい和洋折衷!
唐辛子のヒィヒィと花椒のビリビリに豚の旨味! 『サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺』食レポ
ごまラー油+炒りごま+練りごまというごままみれな『日清 出前一丁 ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油』!
『有名店シリーズ 鳴龍 担担麺』ミシュラン一つ星ゲットのラーメン店監修による滋味あふれるタンタンメン!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。