ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

1万円以下!瞬間を撮影できる眼鏡型ウェアラブルカメラ「PPAT」が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ppat_1ウィンクするだけで写真が撮れるBlincamから1年。新たなウェアラブルカメラが、Makuakeに登場。早くも目標額を、達成しそうな勢いだ。

プロダクト名は、「PPAT(ピーパット)」。Blincamと同じ眼鏡型だが、こちらは本体に触れるタイプ。Photo(写真)を PAT(パッと)撮るということから、この名前がついたそう。

・ファインダーは自分の眼

ppat_2「PPAT」は、自分の眼がファインダーになるタッチ撮影デバイス。カメラを構えるといった予備動作は一切不要。指で一瞬触れるだけで、今肉眼で見ている風景の撮影が可能となる。

取り付けは簡単。手持ちの眼鏡かサングラスに、装着するだけでいい。機器に透明ゴムバンドが内蔵されているため、ツルの太さは関係なく、どんな眼鏡・サングラスにも対応する。

動作確認は、眼の右上の位置で自分に向けて光るLEDと耳元で鳴る操作音から。本体外側の電源ボタンを長押しすると、LEDが赤と青に点灯し、オン状態になる。写真待機モードは赤、ビデオ待機は青と、電源ボタンを押すごとにモードが切り替わる仕組みだ。操作音は、周りにはわからないほど小さなもの。周囲や撮影対象に、カメラを意識させることなく準備できるのも、うれしいところだ。

・9072円から購入可能

ppat_4活用シーンは多彩。例えば、子どもの運動会。走っている姿やゴールの瞬間だって、撮り逃す心配はなし。シャッターチャンスは無限大だ。見たまま、感じたまま、どんどん撮影していこう。

Makuakeではすでに、目標の80パーセント(6月21日現在)を達成。まだまだサポーターは増えそうだ。早期割引価格は、9072円から。オーダー受け付けは、8月14日まで。

PPAT/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。