ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初!中国に“レールのない電車”が登場!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

CRRCZhuzhou“CRRC Zhuzhou Institute Co Ltd”によると、6月2日、中国の株洲市に、世界初となる“レールのない電車”が登場したという。

・自動車と同様に、アスファルトを走行

株洲市のような小都市では、地下鉄を敷設するコスト的な余裕がない。そこで考え出されたのが、レールがなく、自動車と同じくゴムのタイヤでアスファルトを走行する電気式の乗り物。

ART(Autonomous Rail Rapid Transit)は3両連結編成で約9メートルの長さ。この編成だとおよそ300人、5両編成の場合は500人の乗客を収容できるという。最高時速は70 km/h、1度の充電で最大40 kmの走行が可能だ。

・センサーが道路形状を読み取る

CRRCZhuzhou3このART電車にはセンサーが搭載されており、道路の形状を読み取り、ルートを決定して道路に描かれたラインを自動的になぞるように走行する。

株洲市の下町6.5kmを走行予定で、運用開始は2018年を見込んでいるという。

CRRC Zhuzhou

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。