ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

春奈るな×妄キャリ、“冴えカノ♭”ライブで悶絶

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
春奈るな×妄キャリ、“冴えカノ♭”ライブで悶絶

 18日渋谷クラブクアトロにて【『冴えない歌姫のスペシャルライブ♭』春奈るな×妄想キャリブレーション】が開催された。

 オープニングアクトとして、でんぱ組.inc藤咲彩音×妄想キャリブレーション星野にぁによる“ニァピン”と、でんぱ組.inc相沢梨紗×妄想キャリブレーション桜野羽咲による“LAVILITH”が登場し、満員の客席の期待度も一気に最高潮に。

 続いてステージ上には、吉田アナ、安野希世乃(「加藤恵」役声優)、そして春奈と妄キャリも登場し、スペシャルトークショーのコーナーに。妄キャリの桜野羽咲が「タイアップを勝ち取ろう! ということで、まずは第1期のEDを担当していた沢井美空さんを仲間にしました」と「桜色ダイアリー」の楽曲制作について話すと、吉田アナには「アニメオタクの妄キャリならではの、いわゆる“公式”を抱きかかえた二次創作作品だったんですね」と解釈される一幕も。

 さらに「安野希世乃さんに言ってほしいセリフは?」とのテーマでは、春奈の希望で、自身のファンの総称である“るな充”とアニメの名台詞にかけて「るなちゃん。私を誰もが羨むような幸せな“るな充”にしてね」とささやいてもらうと、ステージ上で悶絶するなど、主題歌アーティストでありながらアニメオタクならではの“冴えカノ”愛が爆発するトークになった。

 そしてメインアクトである妄キャリと春奈のステージへ。一組目の妄キャリは、アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主題歌、ClariS『irony』のカバーなどで会場を温めると「桜色ダイアリー」を歌唱。沢井美空と妄キャリメンバーの共同作詞の本楽曲は、歌いだしのフレーズ“奇跡が降った坂道”など、アニメファンなら誰もが同じシーンを思い浮かべる、まさに“冴えカノ”を知り尽くしたタッグだからこそ生み出された名曲に、会場のファンも酔いしれ、さらに「青春プロローグ」も披露された。

 続いて2組目は春奈るなが登場し、冴えカノ”1期のOPテーマ「君色シグナル」、TVアニメ『ハイスクールフリート』EDテーマ「Ripple Effect」を立て続けに披露。「はじめましての方も多いと思いますが、最後までお付き合いよろしくお願いします!」と挨拶し、2期OPテーマ「ステラブリーズ」はもちろん、“冴えカノ”の世界観にぴったり寄り添った歌詞のカップリング曲『恋するポンパドール』なども熱唱した。

 「“冴えカノ”が繋いだ縁でこんな素敵なステージに立つことができて本当に嬉しいです」と感謝の気持ちを話し、自身の代表曲「Overfly」、「アイヲウタエ」でオーディエンスを盛り上げ、自身のステージを締めくくった。

 アンコールでは春奈と妄キャリの豪華コラボが実現。1曲目は妄キャリ・雨宮伊織のピアノ演奏による「桜色ダイアリー」。春奈は「この曲、大好きで、振り付け練習してきた!」と話し、同楽曲のピアノのレコーディングにも参加した雨宮のピアノに春奈の歌声も重なり合う、まさにこの日限りのスペシャルな1曲に。

 最後は「好きなアニソンを歌いたい!」という春奈のたっての希望で、特別に1曲追加された「空色デイズ」。第1期で劇中歌として重要なポイントで出てくるなど、実は“冴えカノ”にも縁のあるアニソンで、ファンの熱気もクライマックスに。吉田アナの「『桜色』『君色』『空色』の最高の“三色”アンコールでしたね!」という興奮冷めやらぬエンディングトークで、2時間以上にわたる豪華コラボライブは幕を閉じた。

関連記事リンク(外部サイト)

春奈るな 新アルバム収録「美しきセンティメント」リリックビデオ公開
妄想キャリブレーション “桜色ダイアリー×写ルンです写真展”開催決定 妄想キャリブレーション
妄想キャリブレーションの海外ツアー&海外デビュー決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。