体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[大人の食育]「アジを釣って、晩飯をつくる」

(写真: うまくいけば新鮮なアジを山ほど食べられるかも)

※すべての写真を見る場合にはこちら

うまい魚が食べたけりゃ、みんなで釣りにいけばいい!

最近、特に若者の間で密かに流行っているのが、東京湾など都市近郊での船釣りです。
ひと昔前までは、オジサンのマニアックな趣味でしたが、最近ではピクニック感覚で船釣りを楽しむ若者が増えてきました。
また、釣りの道具を持ってなくてもレンタルでき、午前・午後の空いてる時間に電車でさっと行ける気軽さも人気の理由の一つです。釣った魚はもちろん鮮度抜群。刺身にしても焼いてもおいしいです。また手間ひまかけて干物を作ってしまう人もいます。今回は、日本で最も人気のある魚と言っても過言ではない「アジ」をターゲットにして、東京湾のアジ釣りをレポートしたいと思います。

(写真: 横浜から船で20分ほどで釣れる、いわゆる「金アジ」。こぶりながら脂がのっている。)

「船釣り」の大まかな流れ

まず始めに、「船釣り」を経験したことのない人のために「船釣り」の流れを箇条書きで説明しておきます。船宿(船釣りをしている店)によって多少異なる場合もありますが、だいたいこのような流れになります。

■1.船宿に予約の電話をいれる
はじめての人は「初心者です」と予約時に伝えておいたほうがよいでしょう。また竿やリールを船宿でレンタルする場合は、電話でその旨をあらかじめ伝えておきましょう。ここでの対応が悪かったら他の釣宿を検討することも考えたほうがいいかもしれません。天気(特に風の強さ)や出船状況、魚の釣れ具合なども確認しておいたほうがよいでしょう。船宿のホームページがあれば、前もって確認しておきましょう。

■2.出船時間の1時間前には船宿に到着する
ぎりぎりに到着すると満員で座れないことがあります。出船時間に遅れると、船長や他のお客さんに非常に迷惑がかかるので1時間前には受付をすませておきましょう。

■3.船宿で料金を払う
船宿についたら、まず料金を払います。また仕掛けなどをレンタルする場合も、ここで一緒にレンタル代を支払います。初めての人は、船長席の近くに座って、適宜アドバイスを受けるのが得策でしょう。毎日、沖に出ている人の意見はちゃんと聞いたほうが賢明です。

■4.船にのりこむ
受付で乗る船を教えてもらい乗り込みます。座る場所は、自由席の場合と、指定席(特に混雑時)の場合があります。

■5.釣りの準備をする
船に乗り込んだら竿や仕掛けの準備をはじめます。魚をいれるバケツなども自分のところに持ってきておきましょう。準備は必ず、出船前にしておくことが重要です。沖では船が揺れるので思ったように動けません。仕掛けの付け方など、わからないことは船宿の人から船長に尋ねましょう。

■6.出船
釣宿を出発し、釣りをするポイントまで移動します。どこまで移動するのかは船長次第です。はじめての場合は、釣りをするポイントまでどのくらいかかるのかを聞いておいたほうがよいでしょう。

■7.釣りの開始
船長の合図によって釣りを開始します。船長が釣りをやめる合図があったら、すぐに仕掛けを回収し、移動にそなえます。
船の上で何か問題が起きたら、すぐに船長さんに知らせましょう。

■8.沖上がりの時間
沖で釣りをやめ、港に帰りはじめる時間の事を「沖上がり」と言います。船長さんが「今日は上がります」と言ったら、仕掛けをしまい、船宿に戻る準備をします。

■9.船宿にて解散
船宿に到着後、解散となります。氷などが足りない場合は、船宿で購入したほうがいいでしょう。

1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。