体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

休みがない、顧問の暴言…「うちの部活ブラック!」と思った瞬間

顧問の態度が自分勝手すぎたり、理不尽なルールがあったり…。

 

「うちの部活、ブラックだな」と思う瞬間がある人は、けっこう多いのでは?

 

そこで、部活に所属している全国の高校生男女152人に「あなたの部活のブラックな一面」についてアンケート調査を実施!

 

ブラック企業顔負けのリアルな部活の実態に、驚かずにはいられない!?

 

練習スケジュールがブラック!

 

休みがない、顧問の暴言…「うちの部活ブラック!」と思った瞬間

  ・「入学前のパンフレットには『部活動は水・土・日は休み』と書いてあったのに、実際は毎日練習があって『あれは印刷ミスだった』と言われた。土日は、練習時間が9時間くらいになることもあって、休むと呼び出されて怒られる」(バトン部・高3女子・愛知)

 

・「部活を休んだ次の日は、ずっと走らされる。炎天下で走り続けた時は、気分が悪くなって病院に行った」(陸上部・高3女子・宮崎)

 

・「空き時間や休日は“自主練”という名の強制練習。実質、3カ月以上休みがなかった。それなのに、先輩から『こんなこともできないのか』と日常的に圧をかけられ、過呼吸になった」(野球部・高3男子・宮城)

 

・「私の部は、うまい人から順番に4つのグループにレベル分けされてて、部活を休むと一つずつレベルが下がっていく。休みを認めてもらうには、かなり特別な用事がないとダメ。試合の次の日は、基本は休みってことになってるけど、結果が悪かったら休みはナシで練習…」(ソフトテニス部・高3女子・愛知)

一番多くの声が集まったのが「部活を休ませてくれない」という回答。

 
・「1年間でオフが1日しかなかった」(テニス部・高1女子・大阪)

 

・「夏休みは、学校に行かなかった日が4日しかなかった」(吹奏楽部・高1女子・東京)

 

など、想像以上に部活に拘束された日々を送っている人が目立った。

 

ブラック部活の場合、体調不良や家庭の事情など、どうしても休まなければいけない状況だったとしても、なかなか認めてもらえないのが実情

 

休みがない、顧問の暴言…「うちの部活ブラック!」と思った瞬間

 

なかには、 ・「疲労骨折をしていても練習に入れられる」(バスケ部・高1女子・福岡)

 

なんて無茶苦茶な部活も!

 

なんとか休めたとしても、休み明けには過酷なペナルティが待っていることが多いようで、その結果、熱中症や過呼吸になったという人まで…!

 

また、事前に聞いていた活動日数とはまったく違った…という“だまし討ち”にあった人も。

  ・「休みがほとんどないことを事前に伝えられていたら、ブラックだと感じない」(テニス部・高2女子・東京)

 

との声もあるように、たとえ同じ練習日数でも、過酷さを知ったうえで覚悟を決めて入部したのと、聞いていた内容とは違う練習を強要されるのとでは、精神的にかなり違うみたい。

 

ちなみに、海外でのクラブ活動経験がある人からは、

  ・「中学までオーストラリアに住んでいて『日本で野球がしたい』と思って帰国した。でも、毎日ムダに走る練習ばっかりだし、筋トレをするだけの“しごき”が続いて驚いた。週2~3回の活動で好きな練習をするオーストラリアの野球クラブとは全然違った!」(野球部・高3男子・東京)

 

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会