ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

敵に“憑依”するアクションアドベンチャー『SOULLOGUE』デモ版がEnty支援者向けに配布 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は2Dアクションアドベンチャーのデモ版配布やオープンワールド3Dアクションゲームの公式サイト開設、同人ゲーム表彰イベントの結果発表など6本です。

noitems studio、2Dアクションアドベンチャー『SOULLOGUE』プレイアブルデモをEnty支援者向けに配布
soullogue-1soullogue-2

インディーゲーム開発チームnoitems studioは6日、開発中の2Dアクションアドベンチャーゲーム『SOULLOGUE』(関連記事)のプレイアブルデモを、同チームのEntyの支援者限定で配布開始した(月額150円以上のプランが対象)。本作はWindowsおよびMac向けのリリースが予定されているが、今回のデモ版はWindows用となっている。

『SOULLOGUE』は、憑依することで敵を操り、その能力を使いながら戦闘や謎解きを進めていくのが特徴の作品。今回配布されたデモ版は先日開催された「A 5th of BitSummit」の展示用バージョンに調整等を施したもので、「ゲームに慣れている方であれば5分もかからない程度のボリューム」とのことだが、基本的なシステムやアクションなどを体験することができる。

PhantomIsland、オープンワールド3Dアクションゲーム『SLEEPWALKER』公式サイトおよびファーストトレイラームービーを公開
sleepwalker-1 sleepwalker-2 sleepwalker-3

ゲーム開発サークルPhantomIslandは8日、オープンワールド3Dアクションゲーム『SLEEPWALKER』の公式サイトを開設した。合わせてファーストトレイラームービーも公開されている。

ハイスピードなコンボアクションと、広大な世界を“翔け抜ける”体験を謳う作品。ムービーではさまざまなフィールドを駆け抜けたり飛翔する様子や、鎌を使ったスタイリッシュなアクションを見て取ることができる。2018年にWindows向けにリリース予定。

「おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2016」授賞作発表

同人ゲーム紹介サイトおすすめ同人紹介は4日、同サイトが主催する同人ゲーム表彰イベント「おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞作を発表した。

ノベルゲーム・アドベンチャーゲームを中心に、2016年4月~2017年3月に発表された作品から同サイトを運営するみなみ氏がさまざまな部門で作品をノミネートし、授賞作を選考して発表するイベント。「おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー」は、前身となるイベントも含め今年で10回目の開催となる。

授賞作の発表は東京・水道橋で開催された授賞作発表会にて行われ、みなみ氏による全ノミネート作品の紹介も行われた。発表会には同人ゲーム開発者やプレイヤーが集まり、受賞作の作者からはコメントが寄せられるなど、オンライン配信も含め、同人ゲームファンの交流の機会としても盛況なイベントとなった。発表会の内容は動画でも公開されている。

Novectacle、7月16日に大阪でライブイベントを開催

Novectacleは4日、7月16日に大阪にてライブイベント「The Live in Fata Morgana in Osaka」を開催することを発表し、9日には開催概要を公開した。

Novectacleのノベルゲーム「ファタモルガーナの館」の楽曲の演奏や、同サークル代表の縹けいか氏やイラストレーターの靄太郎氏によるトークなどが予定されている。内容は5月に東京にて行われたイベントと同じものが予定されているが、異なるアレンジなどもあるかもしれないとのこと。

「RPGツクールMV」バージョン1.5.0配信開始、スマホアプリ化サービスとの連携機能が追加

株式会社KADOKAWAは8日、「RPGツクールMV」バージョン1.5.0の配信を開始した。

本バージョンでは同日提供が開始されたクラウドサービス「Monaca for RPGツクール」との連携機能が追加。同サービスを利用すると、「RPGツクールMV」製のゲームを簡単にAndroid/iOSアプリ化できるという。「Monaca for RPGツクール」は有償サービスで、2週間の無料トライアルが用意されている。

バージョン1.5.0ではそのほか、リソース読み込みの失敗時にリトライする機能の追加や、メモリ管理の改善、不具合の修正などが施された。なお、オープンソースで開発されているコミュニティ版コアスクリプトのバージョン1.2cをさらにデバッグしたものが組み込まれているとのこと。

Home Security Company、『星詠みの紡ぐ詩』背景制作担当および先行プレイヤー募集
hosiuta

ゲーム開発サークルHome Security Companyは4日、現在開発中のノベルゲーム『星詠みの紡ぐ詩』の背景制作担当および先行プレイヤーの募集を開始した。 背景制作についてはデジタル・アナログを問わず、また「写真素材の提供などでもありがたい」とのこと。

『星詠みの紡ぐ詩』は、ある「異変」により大きく変容した世界を舞台にしたノベルゲーム。同サークルの過去作『Colors/Forest』『春へと続く丘』と共通の世界観で、特殊な能力を持つキャラクター達の姿が描かれる。現在「Episode1」が公開されており、「Episode2」以降が開発中となっている。

関連記事:

システム独自開発のフリーゲームSRPG『インペリアライザー』新体験版が公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス
結界を駆使して戦う同人シューティングゲーム『雪晶石 -Malice Eater-』がフリー化 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス
多人数視点推理サウンドノベル『朱き炎の悲歌』体験版ダウンロード開始 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。