体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

敵に“憑依”するアクションアドベンチャー『SOULLOGUE』デモ版がEnty支援者向けに配布 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は2Dアクションアドベンチャーのデモ版配布やオープンワールド3Dアクションゲームの公式サイト開設、同人ゲーム表彰イベントの結果発表など6本です。

noitems studio、2Dアクションアドベンチャー『SOULLOGUE』プレイアブルデモをEnty支援者向けに配布
soullogue-1soullogue-2

インディーゲーム開発チームnoitems studioは6日、開発中の2Dアクションアドベンチャーゲーム『SOULLOGUE』(関連記事)のプレイアブルデモを、同チームのEntyの支援者限定で配布開始した(月額150円以上のプランが対象)。本作はWindowsおよびMac向けのリリースが予定されているが、今回のデモ版はWindows用となっている。

『SOULLOGUE』は、憑依することで敵を操り、その能力を使いながら戦闘や謎解きを進めていくのが特徴の作品。今回配布されたデモ版は先日開催された「A 5th of BitSummit」の展示用バージョンに調整等を施したもので、「ゲームに慣れている方であれば5分もかからない程度のボリューム」とのことだが、基本的なシステムやアクションなどを体験することができる。

PhantomIsland、オープンワールド3Dアクションゲーム『SLEEPWALKER』公式サイトおよびファーストトレイラームービーを公開
sleepwalker-1 sleepwalker-2 sleepwalker-3

ゲーム開発サークルPhantomIslandは8日、オープンワールド3Dアクションゲーム『SLEEPWALKER』の公式サイトを開設した。合わせてファーストトレイラームービーも公開されている。

ハイスピードなコンボアクションと、広大な世界を“翔け抜ける”体験を謳う作品。ムービーではさまざまなフィールドを駆け抜けたり飛翔する様子や、鎌を使ったスタイリッシュなアクションを見て取ることができる。2018年にWindows向けにリリース予定。

「おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2016」授賞作発表

同人ゲーム紹介サイトおすすめ同人紹介は4日、同サイトが主催する同人ゲーム表彰イベント「おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞作を発表した。

ノベルゲーム・アドベンチャーゲームを中心に、2016年4月~2017年3月に発表された作品から同サイトを運営するみなみ氏がさまざまな部門で作品をノミネートし、授賞作を選考して発表するイベント。「おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー」は、前身となるイベントも含め今年で10回目の開催となる。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。