体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度飲んだらハマる! コニャック『カミュ』の魅力とは? 『Asahi Brown Spirits Seminar2017』第3回レポート

img_1407_f

世界的なブランドの洋酒について、その魅力と楽しみ方を伝えるメディア向けセミナー『Asahi Brown Spirits Seminar2017』。第1回目はテネシーウイスキー『ジャック ダニエル』、第2回目にはプレミアムバーボン『ウッドフォードリザーブ』についてお伝えしてきましたが、第3回目となる今回は、コニャック『カミュ』がテーマ。

関連記事:
[第1回目] 甘いお菓子やシロップも? 『ジャック ダニエル ゴールド』と合う意外な“おつまみ”とは
http://getnews.jp/archives/1708129[リンク]

[第2回目] カクテルでも人気のプレミアムバーボン『ウッドフォードリザーブ』を知っていますか?
http://getnews.jp/archives/1742662[リンク]

img_1353_f

『カミュ』は“コニャック”というブドウの蒸留酒のお話になります。日頃飲まれている方も少ないと思いますが、ワインのようなウイスキーのような、奥深いお酒。

今回は『カミュ』ブランドマネージャーの鈴木更紗さんが登壇してプレゼンテーションを実施。鈴木さんは、繊細なカミュの味わいにぴったりの素敵な女性。『カミュ』の伝統ある歴史やコニャックの製法、ラインナップのご紹介に加え、飲み比べなど『カミュ』の世界をのぞいてみましょう!

開始前に花の香りを楽しむ

img_1427_f

会場に早めに到着すると、発表会の前に「カミュは“スミレ”の香りとよく似ていると言われています。まずはボルドリーのベースとなるフローラルな原酒の香りをお楽しみいただきお待ちください」と『カミュ』ブランドマネージャーの鈴木さんが手渡し。

img_1444_f

スミレの模様がついたフレグランスカードをいただきました。なんてエレガント! 香りとともに雰囲気を楽しむ優雅な時間です。

img_1439_f

フレグランスカードをかいでみると「ほわわ~ん」。確かにスミレのような華やかな良い香り!

“コニャック”がいまアメリカでトレンド

コニャックにはあまりなじみがないという読者も多いと思いますが、実は今コニャックがアメリカで熱いお酒になっているのはご存知でしたか? 産地フランスからのコニャックの輸入量が、2015年にはアメリカで14%伸びているのだそう。

1

アメリカではコニャックブームは若い世代がけん引。コニャックは、クラブシーンで人気の飲み物というホットなアイテムになっているのです。

img_1872_f

人気のラッパーやミュージシャンが「若かった時、地元で安いラムを飲んでいたけれど、アメリカにきて成功しておしゃれにコニャックを楽しんでいる」と歌っていたり、ライフスタイルに取り入れられてるのが大きなブームとなっている模様。

1 2 3 4次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。