体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100年使えるLED電球!? 『タフらいと101(ワンオーワン)』は実用性と美しさを驚異的なレベルで両立した!

100年使えるかもしれない? そんな電球が誕生した。KKテクノロジーズ株式会社(東京都小金井市)から発売されたタフらいと101(ワンオーワン)(小売希望価格 税込10,000円)は、101年以上の使用に耐えることをその名で表現した、すべて日本製のプレミアムなLED電球だ。

 

プレミアムなLED電球は、外箱だってプレミアム

白熱電球よりも長寿命を誇るLED電球。10年もつといわれているが、実際の寿命はせいぜい4~5年。その点『タフらいと101(ワンオーワン)』(口金:E26・明るさ:900lm・直径55×105mm・消費電力8.5W)は理論上の寿命30万時間を誇る。点けっぱなしでも34年間もつのだから、ロマン溢れる逸品ではないか。

さながらiPhoneが入っているようなシンプルかつ洗礼された美しいデザインの外箱にまず驚かされる。筐体部分は放熱効果を考えたアルミ製だが、その質感がまた、プレミアムな印象に一役買っている。

 

なぜ『タフらいと101』は、超長寿命を実現できたのか?

タフらいと101(ワンオーワン)』という商品名は、101年を超える使用に耐えられるようにと願いを込めて命名された。そもそも、なぜ従来のLED電球は数年で切れてしまうのか? その理由は、LED電球内の「電解コンデンサー」が熱に弱いため。そこで『タフらいと101(ワンオーワン)』は電解コンデンサーを使用しない設計で作られた。世界初、日本でも唯一の電球なのだ! 長年の使用を想定して、電球部分もプラスチックではなく、劣化の少ないガラス製。

理論上の寿命は30万時間なので、1日あたり8.2時間の使用であれば、まさに100年使える計算。童謡の「大きな古時計」のように、家族の暮らしを見つめ続けてくれるロマンがあふれている。オン/オフについても、300万回まで耐える設計だから、気兼ねなく使える。

上位モデル、その名も『タフらいと101 プレミアム』(口金:E26・明るさ:900lm・直径55×105mm・消費電力8.5W・小売希望価格 税込15,000円)は、発する光がより自然な太陽光に近い、Ra90以上の高演色バージョン。筐体部分のアルミ合金がゴールドに輝き、見た目の高級感も増している。ゆっくりと落ち着いてくつろぎたい書斎や、来賓を迎える客室などにふさわしいデザインだ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。