ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

4Kプロジェクターが20万円から!Optomaの新製品は新DLPチップ搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_2aeaプロジェクトメーカーOptomaはこのほど、4Kプロジェクターのラインナップを発表した。それによれば、価格はUHD60が1999ドル(約22万円)、UHD65が2499ドル(約28万円)となっている。

・高精細な映像

Optomaは、年初に開催された世界最大の家電見本市(CES)で4Kプロジェクターを出展していて、発売時期や価格などに注目が集まっていた。

fullsizeoutput_2aec4KウルトラHDシリーズには、4Kを実現したTexas Instruments社の0.67インチの新DLPチップを搭載。このチップは400万もの超微細ミラーを内蔵し、800万ピクセルの映像を可能にしている。

4Kはハイビジョンの4倍の画素数なので映像が高精細となり、圧倒的な臨場感を堪能できる。

・価格を武器に市場開拓

fullsizeoutput_2aeeそれぞれのスペックはというと、UHD60の明るさは3000ルーメン、コントラスト比は100万:1。一方のUHD65は2200ルーメン、コントラスト比120万:1。いずれもホームシアター機器を扱う小売店で販売される見通しだ。

4Kプロジェクターは他社からも発売されているが、価格は30万円〜が主流で、中には100万円を超えるものも。30万円を切るOptomaの新製品が、どれくらい市場を開拓できるか見ものだ。

Optoma

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。