ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

DJ KAORI・tofubeatsら参加! 『(有)申し訳ないと』主宰者プロデュースで藤井隆が初のリミックスアルバム『re: wind』発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

huji

7月14日、人気お笑いタレントで歌手としても活躍する藤井隆さんのリミックスアルバム『re: wind』がリリースされる。

人気クラブイベント『(有)申し訳ないと』主宰者として知られるDJ Michelle Sorryさんがプロデュースを手がけたということで、リミキサーの人選は盟友のRHYMESTER・宇多丸さんはもちろん、MIX CDの分野では売上世界一を誇るDJ KAORIさんから神戸出身の気鋭ミュージシャン・tofubeatsさん、インドネシアのシティポップバンド・Ikkubaruなど非常に多彩かつ通好み。

『ナンダカンダ』など過去のヒット曲を選りすぐられた最先端の感覚で再構築し、アッパーなクラブミュージックへと昇華した力作だ。

トラックメイカー、サウンドプロデューサーで現在のクラブミュージック事情に詳しい田中友直さんは本作について以下のように語る。

「オリジナル楽曲の時点で、ハウスやエレクトロポップといったダンスミュージック寄りのアレンジが多い藤井さん。それを、現在のシーンの肝となるベースミュージックやシティポップといったサウンドを乗りこなしている各リミキサーが、どのように自分のスタイルに置き換えてアプローチしているかが聴きどころだと思います。

既に共演を果たしているtofubeatsのリミックスはもちろんの事、煌びやかなシンセサウンドが飛び交うアッパートラックを得意とするHyperJuiceが、お茶の間レベルのヒット曲でもある『ナンダカンダ』をどのようなチューンに仕立てるのか見ものです。また日本のシティポップからの影響を公言しマニアやDJからの支持も高いIkkubaruが、いかにシティポップ濃度を増したリアレンジを披露してくれるかも気になるところです。

参加しているリミキサーは皆、歌心をわかっているメンツだと思うので、藤井隆さんのファンにも安心して聴ける一枚なのではないでしょうか。」

tow

藤井さんのファン、クラブミュージックファンと広い層の間で話題になりそうな『re: wind』。全国のCD店やウェブショップでお買い求めいただけるので、気になる方はぜひチェックしていただきたい。

『re: wind』

収録楽曲
1. OH MY JULIET! (DJ KAORI REMIX)
2. わたしの青い空 (tofubeats REMIX)
3. ナンダカンダ (HyperJuice REMIX)
4. 絶望グッドバイ (MACKA-CHIN REMIX)
5. Quiet Dance feat.宇多丸(RHYMESTER) (PARKGOLF REMIX)
6. 未確認飛行体 (ikkubaru REMIX)

【商品番号】YRCN-95283
【本体価格】1,852円+税

※画像は『吉本興業オフィシャルサイト』、『Twitter』から引用しました

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。