ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google、2018年初めごろからChrome内で広告ブロック機能を提供予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google が 6 月 1 日にオンライン広告の健全化を目的に広告の扱に関する新たな戦略の概要を公開した中で、2018 年初めごろから Google Chrome において特定の広告を非表示にする広告ブロック機能を導入することを明らかにしました。オンライン広告は多くの WEB サイトに収益をもたらし、これを収入源としている方も非常に多いと思います。その傍ら、一部のサイトには詐欺やウィルス感染などを誘発し、様々な被害をもたらしています。このような状況の中、Google はオンライン広告の改善を目的に設立された業界団体「Better Ads」に参加・支援することを表明しました。この団体は「広告をどのように改善するのかについての明確かつ公共的なデータのガイドラインを提供する」ことを目的に活動しており、Google はまず、2018 年初め頃から Google Chrome で「Better Ads Standards」に準拠していない広告をブロックする方針であることを明らかにしています。新しい広告ブロック機能により、ユーザーのネット体験を阻害するような悪質な広告は全てフィルタリングされるだけではなく、ユーザーに好ましくない広告体験を提供すると考えられる広告も表示されなくなります。なお、ブロックの対象には Google が提供している広告や Google サービスの広告も含まれています。更新:一部内容を訂正しました。Source : Google

■関連記事
LG、独自のオサイフケータイサービス「LG Pay」を韓国で開始
Googleフォトにもアーカイブ機能が追加
「Xperiaホーム」がGoogle Playストアで配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。