体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪の味、ミックスジュースの元祖!復活した千成屋珈琲を徹底レポート

昨年惜しまれながら閉店した大阪・新世界の老舗純喫茶『千成屋珈琲』がこのたび復活オープンとなった。

同店は1948年に創業。完熟したバナナやみかん、桃などをブレンドした『ミックスジュース』を発明して評判となり、地域の名店として長く愛されてきた。

3代目店主の恒川豊子さんが体調を崩しやむなく閉店したものの、それを聞きつけた常連の会社経営者・白附克仁さんが「大阪の味を無くすわけにはいかない」と関係者を説得。4代目として看板を受け継ぎ、今回の復活オープンにこぎつけた。

白附さんは語る。

「僕は新世界にほど近い阿倍野区の出身。子供の頃、家族で一心寺にお参りすると必ず新世界に寄りました。千成屋のミックスジュースはその頃からの思い出の味です。

千成屋が閉店することを聞いて脳裏に浮かんだのは、高校のボクシング部の先輩にあたる赤井英和さんと上山勝也さんが『串かつ だるま』を閉店の危機から救ったエピソード。僕も大阪の味、大阪の文化を守るためになにかできないだろうかと考えました。」

6月1日、新世界は平日にもかかわらず大勢の人であふれていた。

千成屋珈琲は新世界南端の商店街、ジャンジャン横丁に所在。横幅わずか2.5mの通りには将棋クラブ『三桂クラブ』、50円ゲームセンター『かすが娯楽場』など、なんとも濃厚な店舗が軒を連ねているが、その中に千成屋珈琲店もある。

閉店前とほとんど変わらない昭和レトロ感あふれる店内で『元祖ミックスジュース』(500円※大は720円)をはじめいくつかの名物メニューをいただいた。

元祖ミックスジュースは先代店主の味を可能な限り再現したもので、グラスの中でストローが立つほどの濃厚さ。

ジュースよりは”飲むフルーツ”とでも言った方がしっくりくるような食感で、酸味と甘みのバランスが絶妙だ。関西出身の筆者にはなじみ深い味だが、初めて飲む方でもこれが嫌いな人はほとんどいないのではないだろうかと思う。

『ミックスフルーツサンド』(1,250円)は生クリームと果物を贅沢にしようしたボリューム感あふれる一品。口に含めば濃厚な甘みとクリーミーさ、ジューシーさが炸裂する。”サンドウィッチに1,000円以上?”と思われるかもしれないが、これはもはやケーキ1ホールと思っていただいたいたほうがいい。4人で分けても十分満足できる内容だ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会