体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SMILE GAME BUILDERで楽しむゲーム制作 第5回:カナヲ『虚毒ノ夢』②

※本記事は、1月7日より開始した「SMILE GAME BUILDER」制作実演の連載です。

フリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載が開始 完成作はダウンロードして遊べる!

Qpic『スーパーフックガール外伝』 制作連載 / 2 / 3 / 完成作品ダウンロード
カナヲ『虚毒ノ夢』制作連載

 
カナヲです。前回の記事から引き続き、SMILE GAME BUILDERによる『虚毒ノ夢』の制作状況をご紹介します。

3D探索ホラーADV『虚毒ノ夢』制作中!

今作は、2015年公開の探索ホラーADV『虚白ノ夢』の数年後の世界を舞台としたホラーADVです。ただし物語の理解に前作の知識はほとんど必要なく、主要な登場人物はいずれも新規キャラとなっており、 前作に触れていなくても今作単体で楽しめるようになっています。
 
image1
 
記憶障害のせいで記憶が一日しか保てない主人公の未散(ミチル)が、3LDKの部屋に同居する兄の目を盗みながら記憶のかけらを探し、隠された真実に迫っていきます。このゲームの舞台はこの部屋のみで、SMILE GAME BUILDERならではの主観視点を最大限に活かした構造になっています。

『虚毒ノ夢』の登場人物を紹介

 
image2
折原未散(オリハラ ミチル)

主人公。記憶障害を持つ16歳の少女。 眠ると多くの記憶を忘れてしまうため、毎日記憶ノートをつけないと物事を覚えられません。プレイヤーは彼女を操作し、いつの間にかできていた『記憶ノートの謎の黒塗り』に隠された記憶の手がかりを探すことになります。ある画家の絵をとても気に入っているようですが……。
 
image3
折原悠(オリハラ ユウ)
 
ミチルの兄で、21歳の大学生。 現在は大学を休学し、ミチルの世話をするためほぼ一日中家にいます。ミチルをとても大切にしている一方で、時折冷淡にミチルの行動を監視し、咎めます。たとえ彼が睡眠薬を使ってミチルを気絶させたとしても、ミチルは自分がされたことを次の日まで覚えていられないでしょう。彼には、そうまでして隠したいことがあるのでしょうか……。

image6
織原未来(オリハラ ミライ)

ミチルの夢に出てくるガサツな少女。「名前が似ているから」という理由で仲良くなった彼女は、ミチルとどんな関係にあったのでしょうか……。

ポイントとなるゲームシステムとは

今作のメインパートである3LDKの探索時は基本的に、怪奇現象や幽霊などによる恐怖演出が起こりません。ホラー要素は、兄に見つからないように背中を気にしながら「調べるな」と言われた場所や兄の部屋、ときにはその懐を調べる背徳感と緊張感がほとんどです。もちろん、兄に見つかってしまった際は怖めの演出が入る……かもしれませんが、おそらく本質は「もし見つかったら……という見つかるまでの緊張感」にあるのではないかと思います。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy