体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グラソー ビタミンウォーター』新グラフィックを手がける蜷川実花の撮影現場に潜入! 「自然って意外なほどカラフル」

エンタメ
『グラソー ビタミンウォーター』新グラフィックを手がける蜷川実花の撮影現場に潜入! 「自然って意外なほどカラフル」

カラフルでスタイリッシュ、そして種類によって異なるビタミンが補給できてなおかつ美味しいドリンク『グラソー ビタミンウォーター』。オシャレなボトルのデザインや、ラベルに書かれたショートストーリーなど遊びゴコロも抜群ですよね。

そんな『グラソー ビタミンウォーター』はこの春、新たなフレーバー『stur-d』が加わり、タグライン(※)も「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」にチェンジ。その名の通り、カラフルな自然をモチーフにした新グラフィックを写真家の蜷川実花さんが担当します。
※タグラインは、企業やブランドのコンセプトや主張を分かりやすく伝えるためのスローガンやキャッチフレーズのこと。

昨年、夏限定で展開されたグラフィック「ギラギラ太陽にキクぜ。」が大きな話題を呼んだ蜷川さんが、今回も独自の世界観で『グラソー ビタミンウォーター』を表現。モデルに起用されたのは、斎藤工さん、くみっきーさん、KOuKAさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、窪塚洋介さん。俳優やモデルとしてそれぞれ活躍する個性的な5名を“蜷川色”に染め上げます。

「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」という新タグラインにふさわしく、それぞれのグラフィックも花や光などをイメージ。今回は、自然界に存在する最も情熱的な色である「バラ」をモチーフにした『power-c』を表現する斎藤工さんの撮影現場に潜入。実際に蜷川さんにお話を伺いました。

斎藤工さんの撮影現場にお邪魔しました

「フルパワーで勝負!な時」に“キク”『power-c』は、真っ赤なボトルが「グラソー ビタミンウォーター」の中でも最もエネルギッシュなドリンク。新グラフィックでは真っ赤なスーツに身を包んだ斎藤さんが「情熱」を表現します。

撮影の合間にインタビュー

――真っ赤なバラの花びらが散りばめられた、とても情熱的なセットですね。バラ以外では、「自然ってカラフル。グラソーもカラフル。」と聞いて蜷川さんが思い浮かべる物は何ですか?

蜷川実花(以下、蜷川):自然って意外なほどカラフルですよね。青空はちゃんと青いし、びっくりするような色のお花もあるし、都会の方が色味がない。だから、本当に自然ってカラフルだよな~って日々思っています。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会