体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガーソングライター山崎あおいさんインタビュー 「負けず嫌いだからこそ手に入れられた夢」

シンガーソングライター山崎あおいさんインタビュー 「負けず嫌いだからこそ手に入れられた夢」 山崎あおいさんインタビュー 山崎あおいさんインタビュー_01

高校1年生で音楽コンテスト『Music Revolution』JAPAN FINALでグランプリを受賞し、慶応義塾大学在学中の18歳でメジャーデビューを果たしたシンガーソングライターの山崎あおいさん。素直な感情をまっすぐに表現している山崎さんの音楽は、若い女性を中心に多くの共感を呼んでいます。デビューの夢を叶えた秘訣、そしてこれからの活動についてお話を伺いました。

 

グランプリを受賞するまではアーティストになりたいとは考えてなかった

山崎あおいさんインタビュー_02

――音楽を始めたきっかけを教えてください。

中学1年生のときに映画『タイヨウのうた』を見て、ギターを弾きながら歌うYUIさんの姿に憧れたのがきっかけです。当時好きだったアーティストもギターで曲を書いていたので、「ギターが弾けるようになれば、曲も書けるようになるんだ」と思って、自然に曲づくりも始めました。

 

――曲づくりというと難しいイメージですが、どのようにつくられたのでしょうか。

そのころってちょうど思春期で、“中2病”の時期じゃないですか(笑)。ブログを更新するような感覚で、自分の中にどんどん書きたいことがあったんです。当時のいろいろな思いを歌詞にして発散していたのだと思います。

それから中学3年生の部活を引退したタイミングで、たまたまオーディションの募集を目にして、滑り込みで応募したんです。そこでは優勝に至らなかったのですが、いいところまで勝ち進めて手応えを感じたので、そこからまた翌年に再挑戦してグランプリをいただきました。

 

――オーディションに応募したのは「プロを目指して」というわけではなかったんですね。

そうですね。当時はまだライブ経験もなかったですし、自信も全くなくて。でも、グランプリを獲ってからは、「自分のCDを出したい」「憧れのステージでワンマンライブができたら最高だな」と思うようになり、その夢を叶えるにはメジャーデビューするのが近道かも……と思うようになりました。

 

山崎あおい – 夏海

 

デビュー当時の苦労やさみしさは、アニメやまな板の音源を聞いて乗り越えた

山崎あおいさんインタビュー_03

――大学入学後すぐにメジャーデビューされましたが、進学、上京、メジャーデビュー……と一気に環境が変わって大変ではなかったですか?

大学はわりと自由が利く環境だったので、それほど大変ではなかったのですが、とにかく最初はホームシックでした。ひとり暮らしの部屋で実家の雰囲気を再現するために、昔見ていた懐かしいアニメやまな板の「トントン」と包丁の効果音がする音源を流していました。当時は楽しんでやっていたつもりだったんですけど、後から考えるとかなりおかしな人ですよね(笑)。その時期に書いた曲も今聞き返せば暗いと感じますし、やっぱりさみしかったんだろうなと思います。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。