ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
2013年、20年に1度の「式年遷宮」の年を迎えた伊勢神宮。神々しい厳粛な神宮を参拝した後は、やっぱりご当地グルメも楽しみたいところ。今回は、伊勢神宮を実際に訪れた筆者がオススメしたいグルメを勝手にランキングにしてみました。

第4位「伊勢角屋麦酒のカキフライ串」

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
内宮近くのおはらい町にある、伊勢の地ビールが楽しめる「伊勢角屋麦酒」。

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
「カキフライ串(2粒)/250円」
地ビールとぜひ一緒にいただきたいのがカキフライ串。伊勢市の隣、鳥羽浦村産の新鮮な牡蠣を使用したカキフライは肉厚でジューシー! 注文してから揚げてもらえるのでサクサクの食感が秀逸です。2個から注文でき、気軽に食べ歩きしたい時にピッタリですよ。

第3位「山口屋の伊勢うどん」

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
伊勢市駅近くにある「山口屋」。外宮からは徒歩8分くらい。

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
「伊勢うどん/530円」
極太麺と真っ黒なタレが特徴の伊勢うどん。発祥の由来は諸説あり「伊勢神宮を訪れる多くの参拝者に早く提供するために、あらかじめ茹でておいた麺を温め直して出した」「旅で疲れた胃に負担をかけないように柔らかいものになった」などと言われています。

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
真っ黒なタレは見た目ほど濃くなく、出汁の旨味や甘味が強く感じられ、極太麺と絶妙に絡み合います! 関東ではなかなか味わえない伊勢うどんは本場で一度は食べてみたいところ。

第2位「赤福本店の赤福餅」

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
内宮前のおはらい町の中心に佇む「赤福本店」。宝永4年(1707年)から300年以上続く超老舗で、伊勢名物として不動の人気を誇ります。

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
本店では職人さんによる手作りの赤福餅をいただけます。指先で押されて独特の模様が作られていく様子も見学できますよ。

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
「赤福 盆/210円」
五十鈴川に面した縁側でいただく赤福。淹れたての温かい番茶がなんともおいしく、情緒たっぷりのひと時に。

第1位「豚捨のコロッケとミンチカツ」

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
おかげ横丁にある創業明治42年の老舗「豚捨(ぶたすて)」。牛肉にこだわって豚を捨てたことから、ユニークな店名に名付けられたのだそう。

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!
「コロッケ/100円 ミンチカツ/150円」
精肉販売もしているお店で牛丼やすき焼きなども名物ですが、食べ歩きしたい時にオススメなのがコロッケとミンチカツ。やや硬めの衣はサックリした食感や香ばしさが絶妙! コロッケはホクホクしたお芋感が強く、ミンチカツはお肉がぎっしり詰まっていてジューシー感抜群です。

以上、筆者が勝手に選んだ伊勢グルメランキングでした。
伊勢神宮を参拝した後は、歴史に思いを馳せながらご当地グルメをゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか?

[Photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。