体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ナイスな新キャラ「マンティス」を好演! 秋元才加インタビュー

%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%ba_img_4808-edit_002

『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が現在大ヒット上映中。映画を観た人からは「思い切り笑えて思い切り泣ける!」と絶賛の声多数の超絶クール&ハッピーな作品となっています。

本作の魅力はたくさんあれど、なんといっても注目なのが個性的なキャラクターたち。本作から登場する「マンティス」は相手に触れただけで感情が分かる能力がある新キャラクター。天然で不思議ちゃんという新たな個性がガーディアンズの世界観をさらに盛り上げます。

マンティスの日本語吹き替えを担当したのは、女優の秋元才加さん。クールでキリッとした印象の強い秋元さんですが、ふんわり天然ちゃんのマンティスの声を見事に演じきっていて筆者も大感激! 本当に素晴らしいのでぜひ聴いていただきたいです。

%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%ba_img_4816_001

―日本語吹き替え版、ものすごく楽しかったです!

秋元:ありがとうございます!

―マンティスの声の演技は難しくなかったですか?

秋元:ナレーションとか少しづつやらせていただいていたのですが、今回マーベル作品では初めてで。いつかやってみたいと憧れはありました。本業の声優さんである、山寺さんの職人技にとても感激して、すごさを学べましたし、声をあてるだけでキャラクターの印象が変わったり、本当に命を吹き込む作業なんだなって。お芝居をする仕事に携わらせていただく身として、とても成長させていただきました。

-マンティスというキャラについて、第一印象はどう思われましたか?

秋元:まず、すごくキーマンだなと思いました。あと、「醜くて愛されれば本当の愛だ」というドラックスのセリフがありましたが、その通りだなと思って。マンティスは正統派な可愛さじゃないキャラクターで、私もそういう所に共感できるってのがあって。どちらかというと私も正統派ではなくて、好きな人は好きっていう見た目だと思うので(笑)、そういうところでは共感しちゃう、ちょっとマンティスに似てるのかなって。

―音響監督からのこういう風に演じてほしいという指示はありましたか?

秋元:原作を観て、原作に合わせた声を吹きこむものだと思っていたのですけど、日本のディレクター(音響監督)さんの「こういう風にしたい」というキャラクター付けがそれぞれあるみたいで。「マンティスは不思議ちゃんで天然で三歳児のようなピュアさを持ち合わせている。少女のような心を持っている そういうイメージで演じてみたください」言われて。私の普段の声質だと、マンティスのキャラクターって全然違うというか、イメージじゃないと思うんですね。

―私も最初聞いた時は秋元さんはかっこいいキャラクターのイメージだったので、驚きました。

秋元:私も最初はちょっと驚いたんですけど、せっかくいただいたチャンスなので、自分の中で不思議天然系に聞こえるように声色を探しながら、なるべく高い声でゆっくりゆっくり話す様に心掛けました。

―また「天然」だけではなく「三歳児のように」ってすごく特殊ですよね。

秋元:そうですね。なので、ただゆっくりしゃべるだけでなく、その中に、異世界の生物を初めて知る好奇心とかワクワク感をだしてほしいって言われました。声のお仕事って、やっぱり細かなニュアンスが難しくて。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。