ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥、初主演舞台を前に少し弱気に?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乃木坂46齋藤飛鳥、初主演舞台を前に少し弱気に?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

5月20日(土)のオンエアはまず、齋藤の初主演舞台「あさひなぐ」の話から。実はこの日は舞台の初日でもあります。「あっという間って感じです。詰め込んで詰め込んで…ついに来てしまったって感じです。楽しみですね〜」(齋藤)と今の心境を吐露。舞台は6月11日(日)までということで頑張ってほしいですね!

さて番組では、リスナーから届いた質問を紹介。

■英語で「すごい良かった!」ってなんて言うの?
リスナーから届いた質問は「舞台などを観たときに使う、『すごく良かった!』という最上級の感激を伝えるフレーズを教えてください」というもの。英語で感動を表現する場合は「It was good」(良いね!)などが一般的。さらに強く感動を伝えたいときは、日本語でいう「やばい!」のように、もともとマイナスの意味の言葉が転じた「Crazy」(狂ってる!)や、「You were insane」(我を忘れるくらい素晴らしい!)を使うなどいろいろなフレーズがあります。そんな中から今回、ハリーが選んだとっておきのフレーズはこちらです。

「Off the hook」(最高に良かった!)

ハリーによると、携帯電話がまだなかった頃、ヒット曲が生まれるとその音楽会社の電話が鳴り止まなかった、というエピソードから「電話の受話器が吹っ飛ぶほど最高だった」という意味で使われるようになったとか。

初主演舞台「あさひなぐ」を控える齋藤に、「飛鳥ちゃんの舞台を観させていただいたあと、『Asuka, you were off the hook!』と、おそらくお伝えすると思います」と声を掛けるハリー。それに対して「いや、でもわかんないですよ。舞台全然良くないかもしれないんで…」と初舞台への緊張からか、少し弱気に答える齋藤でした。

■花の名前から英単語を学ぼう!
続いて、身近な英単語を学ぼうというコーナー。今回のテーマは「花」です。タイトルコールと共に流れ始めた怪しいBGMに「That’s a really bad sign.」(なんだか悪い予感がする)と前回学んだフレーズで素早く反応する齋藤。現れたのは、自称「天空から舞い降りた堕天使」という、フラワーショップのハリー店長でした(笑)。「ヒッ!」という奇声を連発するハリー店長に齋藤は「嫌だ! それ(笑)!」と動揺をあらわにしていました。

さて、齋藤の「最後までそのキャラはキツくないですか?」という冷静なツッコミから、ハリー店長にはお引取りいただいたところで、さっそくレッスンスタート。

母親がお花好きとのことで「お家にも結構飾ってあります」という齋藤。ハリーから出された「バラ」(Rose)、「桜」(Cherry Blossoms)、「ひまわり」(Sunflower)、「ハルジオン」(Harujion)などの問題に次々と正解していきます。しかし、さすがにすべてはわからなかったようで、齋藤もいくつか新しいお花の名前を教えてもらっていました。

まずは「タンポポ」(Dandelion)。次に「アジサイ」(Hydrangea)。これはギリシャ語で「水の器」という意味だとか。そして「アサガオ」(Morning Glory)。これはoasisの名曲のタイトルとしても有名ですね。

最後は2人で、今回紹介したお花の名前の復習をしました。1回ですべての名前を覚えた齋藤に、ハリーも「Excellent!」と絶賛していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。