体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京で怪奇派プロレスラー】LinQ伊藤麻希の“アイドル上京ものがたり”【実家の匂いのタオル嗅ぎながら泣きました】

地方から東京に移り住んで、アイドルとして活動する女の子たちの東京や地元に対する思いや日常をうかがう「アイドル上京ものがたり」。これをはじめたきっかけのひとつに「ご当地アイドルなのに東京在住」という子が意外と多い、というのに気づいたことがありました。今回はそんなひとり、福岡並びに九州を代表するアイドルグループ・LinQ伊藤麻希さん(福岡県出身)の登場です。「顔がでかい」「必殺技は頭突き」「病みがち」などアイドルらしからぬキャラクターの強さで、『ゴッドタン』『ナカイの窓』などバラエティ番組にも登場。さらに昨年12月からはプロレスラーとして東京女子プロレスに定期参戦中。その振り切ったステージとリングでの活躍とは真逆な素顔をさらけ出してくれました。
 

LinQ5年やって次の挑戦をしないと後悔しそうだと思った

 
--伊藤さんの所属するLinQは地方発のグループでもブレイク出来ることを証明した、近年のアイドルブームを支えてきたアイドルグループだと思うんですが、なぜひとりで東京に住むことにしたんですか?

伊藤 あ~、そうですねえ。それはもう本格的にプロレスやるとなると、東京女子の人たちと練習するから東京に住んだがいいかなって。

--あ、もう完全にプロレスのための上京だったんですね。

伊藤 そうですそうです。練習するためだけです。それだけですよ。

--それまでLinQの活動してたわけですけど、福岡としてグループの中にいるより東京でひとりでプロレスやったほうが自分として身になるんじゃないかと。

伊藤 うん。だってもう……5年か。LinQ5年やってきたから。てなると次のステップに進みたいっていうか、うん。せっかく若いから、なんかいっぱいやっとかないと後悔しそうだなって思ったから。

--そこでLinQ辞めるってのは考えなかった?

伊藤 あっ、けっこう……というか、わたし普通にデビューして一ヶ月も経たないうちに辞めようと思ってましたから。

--そんなにすぐ!それはなぜ?

伊藤 合わないと思ったから。アイドルって集団じゃないですか。やっぱこう強調性っていうものがないと、うまく歯車が回らないっていうか。なんかこう浮いてたからずーっと怒られてました。あの、アイドルは向いてないと思うんですよ。それは今でも

--自分のどの辺がアイドルに向いてないと感じますか。

伊藤 まず、愛嬌がなくって。なんだろう……ファンの前でかっこつけてたいんですよ。媚を売りたくないというか、それがデビュー初期からどうしても変わってなくって。だから釣れないんですよ。釣ろうともしてないし、甘えることもできない。(釣る=アイドル用語で積極的にファンにアピールして相手の気を引こうとすること)

--そこがアイドルとして致命的な弱点だと。

伊藤 弱音も吐けないですね。昔はよく吐いてたんですけど、それさえもできなくなりましたね。

--でも伊藤さんは釣る系のアイドルとしての可愛げは弱いかもしれないですけど、野生動物としての可愛げがあると思いますけどね。

伊藤 らしいですね(笑)。アイドルとしての可愛げとか作れないですもん。そんな器用じゃないから。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会