ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【必食ライヴめしFile】斉藤和義がライヴMCで絶賛した栃木の名店・中華料理『永幸』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【必食ライヴめしFile】斉藤和義がライヴMCで絶賛した栃木の名店・中華料理『永幸』
しばし休刊を経て復活を遂げる【必食ライヴめしFile】。第2弾の幕開けとなる今回は、栃木壬生町おもちゃのまちにある中華料理店『永幸』をご紹介する。

宇都宮市と栃木市にほど近く、両市のベッドタウンとして発展している壬生町おもちゃのまちに名店はあった。

それは、東武宇都宮線「おもちゃのまち」駅東口を出てすぐにある中国料理『永幸』。料理サンプルが並ぶ窓越しに様子を確認し、入店してみると、店内は広く、内装の配色がどこか懐かしい雰囲気を醸しており居心地がいい。

メニューには定食や肉料理のほか、麺料理の種類も豊富で、どれにも手を出したくて迷ってしまうこと間違いなし。筆者はその中でもとりわけ”名物”として知られる「レバニラ定食」(800円)を注文した。中華スープやご飯とともに、成人男性にもボリューム十分なレバニラ炒めが直ぐテーブルに運ばれてきた。

壬生町出身である斉藤和義がライヴのMCで「今までいろんな中華屋さんでレバニラ炒め食べてみたけれど、この店を超えるレバニラはない。」というくらいに絶賛する特上のメニューは、噂通りの味良し、食べ応え良し、コスパ良しな一品だった。

獨協医科大学付近に位置するため、地元民や学生も多く通う中華料理『永幸』。斉藤和義だけではなく、奥田民生や浜崎貴司らも絶賛する名店の一品を求め訪ねてみてはいかがだろうか。(椿)

■食品まつり a.k.a foodmanの作品はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/94322

★過去記事
【必食ライヴめしFile】Zeppに行く前に たこ焼きをめちゃくちゃ食べてみる「お台場たこ焼きミュージアム」
http://ototoy.jp/news/85137

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。