体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワタナベマキ流“作りおき”のコツは? 料理の本棚チームで座談会をやったら勉強になった!

シンプルな調理法と調味料で、びっくりするほど美味しい野菜レシピを手際よく生み出すワタナベマキさんと、レシピブック「料理の本棚」シリーズの編集担当Wと一緒に、座談会形式でお届けします。テーマはもちろん、ワタナベマキさんの新刊『ひとつの野菜で作りおき 色のきれいな5色の副菜100』

“ひとつの野菜”だから、買い物に行かなくても「あ、今これ作れる」が見つかる

編集担当W 使う野菜、調理法、調味料……。作りおきって、ついつい毎回同じようなものばかり作っちゃうんです。そんな自分の凝り固まっていた部分を、あぁこういう使い方もあるんだ〜って、マキさんのレシピによってほぐされた感じです。

ワタナベさん 例えば3本のナスを買ったけど、1本しか使わなくて2本余っちゃった、なんてことよくあると思うんですよ。でもナスさえあればちょっとしたものがパパっと作れるんですよね。

広報担当I 冷蔵庫にナスしかないとき、買い物行かないと何もできないーっ、てなりがちですもんね。

ワタナベさん アレも買ってコレも買って、とやってたらちょっと大変ですし。最後には、あーアレも残ってる、あーコレも食べなきゃ、てなっちゃうでしょう?(笑)

編集担当W 確かに!(笑) この本の中で、マキさんが実際によく作るレシピってありますか?

ワタナベさん  「焼きパプリカのはちみつレモンマリネ」「いんげんの山椒じょうゆ漬け」はよく作りますよ! 山椒はこれからが季節なのでいいですよね。

作りおきを侮るなかれ!突然のお客様への「おもてなし」にも使える

ワタナベさん あと、ブロッコリーを半分茹でて食べたけど半分残ってしまったときは、じゃこと一緒に炒めて「ブロッコリーのじゃこ炒め」にしたりも。すごくシンプルな料理ですが、突然お客さんが来たときでもササッと作って出せちゃいますよ。

編集担当W 作りおきが「おもてなし」にもなるわけですね!? たとえば「グリーンアスパラガスのマスタードマリネ」なんかは華があるので、おもてなしにはぴったりですね。縦に切るって、オシャレ〜。

ワタナベさん 縦に切れば1本丸まる食べられるから、先っぽがいい、下は嫌ってみんながケンカしないですむでしょう?(笑) 

広報担当I 確かにー!たい焼きも同じ問題が勃発しますよね(笑)。それにしても、ひとつの野菜でパパっとオシャレな作りおきができて、さらにそれが野菜の色別に分けられていて、忙しい人にとってはありがたいです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy