体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超絶傑作『メッセージ』ドゥニ監督インタビュー「私が好きなのは実存主義的な未知を模索するSFです」

%e7%9b%a3%e7%9d%a3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f2

巨大な宇宙船の襲来と地球外の知的生命体とのコンタクトというSFの王道的な設定と、ヒロインの人生の物語という全く異なる2つのストーリーを繊細に絡ませた超傑作『メッセージ』。先週末に公開され、観た人からは「深すぎる……」「見た人と語り合いたい」と絶賛の声が相次いでいます。

映像化不可能と言われた原作小説『あなたの人生の物語』を見事な映像表現で映画化したのは、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。『プリズナーズ』『ボーダーライン』とジワジワ系の名作を世に送り出してきた監督であり、来年公開の『ブレードランナー 2048』監督に大抜擢されたことも話題になりました。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督に作品についてはもちろん、宇宙船が「ばかうけにソックリ」なことについてもお話を聞いてきました。

メッセージ

――本作大変素晴らしい作品でした。『メッセージ』が公開前から「宇宙船が“ばかうけ”に似ている」と日本で話題になっている事を聞いてどう思いましたか?

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督:誰も見たことがない形状を目指して宇宙船のデザインは生み出したつもりだったんですけど、世界の反対側(日本)ではポピュラー・スナック……みんなが知っている形状だったなんてね(笑)。

――とはいえ、とはいえですよ! 日本にはたまたま「ばかうけ」が存在していただけで、『メッセージ』の宇宙船デザインの独創性は凄まじいと思いました。何に制作のヒントを得ましたか?

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督:あえて言うのであれば、フランスの漫画家メビウスに影響は受けていると思います。あの不思議だけど完ぺきな形状は何らかの形でメビウスとつながっていると思います。あと、先日リサーチをしていて気づいたのですが、自分がもともと大好きなノルウェーの画家であるオッド・ネルドルムの絵に描かれている暗い雲が『メッセージ』の宇宙船と同じ形をしていたので、もしかすると彼の絵のことも無意識のうちに参考にしていたのかもしれません。自分でもときどき、どこからアイデアが来ているのか分からない事があって、直感でデザインしたというのが正直なところなんですけどね。

私の作品の美術をずっと担当している、パトリス・ヴァーメットとデザインを作りました。原作では「巨大なスクリーンのような」と表現されている船内のインスピレーションとして、パトリスも私も、ひとりのアーティストの名前を挙げたんです。それがジェームズ・タレルでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-05-23-20-28-54

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督:ヘプタポッドや宇宙船の形状、船内のデザインは、観客が無意識のうちに「死」を想起するようなものを目指しています。それはルイーズが「死」というものと対話するからです。本作は、そのルイーズの死との対話を通して、人生、あるいは生きるということを抱擁できるというストーリーだと私は思っています。

―ヘプタポッドの文字はどのようにデザインしていったのでしょうか?

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督:原作に登場するヘプタポッドの言語の本質が円だったので、映画でも円にしなければいけないというのは理解していました。私のイメージでは、それはとても純粋かつコントロールされたものだったんです。アーティストのマルティーヌ・ベルトランドがインクのはね、シミのようなものを使ったデザインを提案してくれて、「ロールシャッハ・テスト」の様に、見る人によっては文字であったり、悪夢であったり、いろんなイメージを想起させるような部分もとても気に入りました。ただ、形をそのままデザインとしてヘプタポッドが毎回書くとなると時間がかかってしまうので、彼らの手足のような体の部位からインクが噴出して、空間に言葉として描かれていくという方法を採用したんです。結果的に、奇妙で美しい表現ができたと思っています。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。