体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【水口哲也氏インタビュー動画】世界にたった1着のシナスタジアスーツ2.0が体験できる!『Rez Infinite』限定版が5月22日より販売再開

17may13

日本時間5月22日(月)午後3時より、ゲームクリエイター水口哲也氏率いるENHANCE GAMESのPSVR対応ソフト『Rez Infinite』コンプリート・パックが『iam8bit Japan』より再販される。そしてこの水口哲也氏サイン入り数量限定のコンプリート・パックにはファン垂涎の『シナスタジアスーツ2.0体験会チケット』が付属。

それに先駆け、ガジェット通信では『シナスタジアスーツ2.0』を実際に体験。更には開発者の水口哲也氏のインタビューも行い、『Rez』と『シナスタジアスーツ』について伺ってきた。

インタビュー:【4K】水口哲也氏、シナスタジアスーツ2.0と『Rez』の将来を語る

その場の全てを魅了するシナスタジアスーツ2.0

17may8

シナスタジア(共感覚)ゲーム『Rez』の進化版として2016年に登場し、ベストVR賞を受賞した『Rez Infinite』。PSVRに対応することによって「音楽を見る」「映像を聞く」ような体験を可能にした本作だが、「音楽を『皮膚』で聞く」「色で振動を見る」といった具合に更なる「体験」を実現した。その肝となるのが『シナスタジアスーツ2.0』だ。

17may7

全身を覆い尽くすスーツには肩、腕、腰、腹、背中、太ももに脛など計26個の振動子が配置されており、各振動子が自身のゲームプレイに合わせてリズミカルにブブッと動く。さらに、このシナスタジアスーツ2.0では振動子に取り付けられた色鮮やかなLEDが振動と連動しており、周囲のオーディエンスも視覚を通じてバイブスを感じ取る事が出来るように進化している。

17may6

たとえばワープのようなシーンでは、全身でダイブするような感覚が映像とリンクして押し寄せてくる。これは非常に文章化しにくいシーンだったので、ぜひ体験して欲しい、としか言いようがないのであるが、様々なシーンがそれぞれ違った振動パターンを生成し、かなり計算しつくされているなという印象を持った。

17may4

序盤ではゲームのBGMに合わせて、ベースが弾かれるように足や腰に「ドッドッドッ」と語りかけてくる。足の底から段々と伝わってくる振動は、心地良くすらある。

1 2 3次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy