体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その2

【TABIZINE自由研究部】調べる、考える、まとめる、伝える。
夏休みの自由研究のように、心惹かれることについて、じっくり調べてみる。考えて、試行錯誤し、また考えて、まとめて、発表する。TABIZINEにもそんな場がほしいと思い【TABIZINE自由研究部】を発足しました。部員ライターそれぞれが興味あるテーマについて自由に不定期連載します。

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。

「地元の町に外国人観光客を集める方法」の第2回目になります。

オンラインで一流の講師陣からレッスンを受けられるgaccoの講座『文化財を中核としたまちづくり戦略』をテキストに、その内容を学び、実践していく企画でした。

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2
日本は東京オリンピックが開催される2020年までに、年間で4000万人を超える外国人観光客を呼び込もうと考えているみたいです。2016年の実績はその半分くらい。今と比べて倍近くの人を呼び込む計算ですね。

その壮大な目標を実現するため、2016年3月30日に首相を議長とする会議では、今まで保存を第一に考えていた日本各地の文化財を、観光客に理解してもらう、体験してもらう方向に切り替えていくと発表されました。

その流れで、全国に文化財を中心とした観光拠点を200か所ほど作る目標があると言います。皆さんの暮らす町がその1つを担う可能性は、十分にありますよね。

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2

文化財ってそもそも何?

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2

そもそも文化財とは何なのでしょう。『広辞苑』(岩波書店)を見ると、

<文化価値を有するもの>(広辞苑より引用)

とあります。形のある文化財、形のない文化財さまざまで、例えば建造物や庭園から、祭りや食なども含みます。

gaccoの講座『文化財を中核としたまちづくり戦略』では、地域の人たちが自分の生活を成り立たせるために持つ、根本的な基盤としての財産と定義されていました。

皆さんの暮らす町にも、自慢できるような文化財が何かあるのではないでしょうか?

富山県南砺市井波を例に考えてみる

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2
(C)南砺市観光協会

例えば筆者の暮らす富山県には、南砺市井波という場所があります。浄土真宗の本願寺5代・綽如(しゃくにょ)が1390年に開いた瑞泉寺があり、門前町も栄えています。

同地はユニークな歴史があり、1763年にシンボルでもある瑞泉寺が火災で焼けてしまった際、京都本願寺の彫刻師が再建に呼び寄せられました。

その技術を地元の大工が学び、発展させて、後に彫刻の町としての名声を得るようになります。過去記事「人間国宝や日展入賞者が続々!小さな町に200人もの彫刻家が暮らすワケは?」でも触れましたね。

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2
(C)南砺市観光協会

神奈川の茅ケ崎から富山市に移住して間もないころでしたが、井波の門前町を自動車でチラリと見かけて、そのたたずまいに旅心がキュンと高まった記憶があります。

調べてみると、すばらしい文化と歴史を持ち、現役の彫刻家が200人近く暮らす極めてユニークな場所だと分かりました。そういえば昔見た『釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一発!』(松竹)でもロケーションになっていた町だとも思います。

井波の観光客は残念ながら少ない・・・

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2
(C)南砺市観光協会

にもかかわらず、現状で観光客が押し寄せているとは決して言えません。トリップアドバイザーなどの口コミを見ても、

<もう少し何かがあるかなと思います。瑞泉寺いいですし、木彫も素晴らしいと思いますが、町を訪ねると何か物足りなさを感じます>(トリップアドバイザーより引用)

<木彫りの町ということもあって、車を走らせるだけで町のあちこちに立派な彫刻があるのが目につく。ただ、わざわざ訪れて見てみたいと思えるような圧倒的スケールの木彫りがない>(トリップアドバイザーより引用)

などの寂しい評価が少なくありませんでした。旅を得意とするライターとして、世界をあちこち回ってきた立場からすると、引用した言葉の意味が十分に分かります。

ただ一方で、きちんとした取り組みをすれば日本人のみならず、多くの外国人が呼べるのではと、“よそ者”だからこそ感じる魅力がそこかしこにある気がしてならないのです。

長野県の妻籠宿は限界集落の宿場町から人気の観光地になった

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その2
長野県の中山道にある妻籠宿では、「焚き木にしかならない」とまで言われた古い限界集落の町並みを、地元の人たちが「売らない、貸さない、壊さない」というルールを決めて、観光地として復活させました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。