体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『まんがキッチン』でお馴染みのお菓子研究家・福田里香さんの、定番から超個性的な「ジャム&ペースト」が素敵!

どこにも売っていないジャムとペーストのレシピ、教えます。

“おいしくて美しい果物のレシピ”が大人気の福田里香さんのジャムブック『季節の果物でジャムを炊く』(立東舎)が発売しました。約50のオリジナルレシピとともに、あたらしいジャムの食べ方とおすそわけのアイディアも盛りだくさんに紹介されています。

福田里香さんの手にかかれば素材の組み合わせは自由自在。思いもよらない素材の組み合わせに心がトキメキます。今回は、本書に掲載されている福田里香さんのジャムとペーストを少しだけ紹介していきます。

季節の果物を炊く

季節の果物を買うときに、まず気をつけたいのは、時期のこと。果物がひと山いくらで売られるくらい安くなった旬の時期=果物の“出盛り”に、充分に熟れた出盛りの果物で、ジャムを作ってみてください。

あまおうの丸ごとジャム
あまおうは、大粒いちごの品種です。ある日ふと、へたを取らずに丸ごと炊いたら、果肉の香りがよく、しっかりと食べごたえのあるプレザーブになりました。

完熟梅のジャム
梅は生食には向かない果物ですが、加工することでおいしく生まれ変わる不思議な果物。梅ジャムは日本特有の大切にしたい味わいです。

巨峰と赤ワインのプレザーブジャム
ぶどうと赤ワインの組み合わせで、大人っぽい味わいに仕上がります。果肉の形を丸ごと残して作るのですが、ぶどうは皮をむかずに炊いてください。

いつでもおいしいペースト

木の実も製菓材料店では年中豊富に扱っています。日本では採れないアーモンドやヘーゼルナッツ、ピスタチオなども入手できるので、素材と相性のいいナッツ類を合わせると手作りならではの味になります。

焼き栗のペースト
生栗の鬼皮をむくのは大変な作業。まず、オーブンでこんがり焼いてから、実をスプーンでかき出せば簡単です。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。