ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ガジェ通日誌「『元管理人が事情聴取』『中南米にサーバー移転』ってどんなイメージ? マスコミ常套手段の印象操作を覚えよう」「コネ採用問題から逃げる大阪市議会」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
毎日流れる関連ニュースの一例 - FNNニュースより引用

「元管理人が事情聴取」「中南米にサーバー移転」ってどんなイメージ? マスコミ常套手段の印象操作を覚えよう

警察の人としゃべったらそれは「事情聴取」

みなさんは「事情聴取」ときいたらどのようなシーンを想像しますか?
ドラマで見たことあるような、薄暗い取調室の中で刑事に詰め寄られている姿を想像する方もいるかもしれません。ところが実際は、刑事とおしゃべりしただけでもそれは「事情聴取」なんですよね。

「事情聴取」とは警察側に何か質問されて、それに答えた、というだけ意味しかありません。要するに、警察関係者と話した、というだけことです。

ちなみに逮捕された場合は「取り調べ」といいます。

つまり、単におしゃべりしたことを「事情聴取」と言う場合もあるし、刑事と立ち話してもそれを「事情聴取」ということができるわけです。単なるおしゃべりを「事情聴取」という言葉を使って仰々しく発表すると、「あれ?何か悪いことしたんじゃない?」というイメージを植えつけることができます。これは本当に姑息な手段で、「事情聴取」という言葉の持つ「何か悪いことをしたに違いない」というイメージを悪用した印象操作の基本テクニックです。それを意図していないにしても、こういう言葉を使う場合は気を付けなければいけません。

警察からマスコミへの情報リークによる印象操作

警察は捜査を有利に進めるためにマスコミへ情報のリークをおこなう場合があります。例えば世論を味方につけるため捜査対象のイメージを悪くする情報をつまんでマスコミに流すことがあります。

もちろんこれは不公正な手法であり公務員の守秘義務違反も疑われるやり方なので、将来的にはなくなっていくでしょう。ただし、この現代でもまだその古臭い手法は未だ使われています。

2ちゃんねる捜査に関していえば、先日ご紹介した「2ちゃんねるサーバーが中南米にあった」というニュース。
噴飯モノの誤報ですが、今回の問題と関係ない話にも関わらず、警視庁はなぜこの情報だけつまんでリークしたのか。少し調べればわかるはずのこの間違った情報をアセって出してきたのは、「中南米に移転するなんてなんか怪しい」とか「中南米にサーバーがあったらやっぱり違法薬物とも関係あったのかしら」という印象操作を狙っているのでしょう。それ以外にこのネタをリークした説明がつきません。いやほんと、マジで中南米の人たちに謝れ。

昔であれば捜査の情報を知るには、マスコミを通すしかありませんでしたから、マスコミに情報を流せば、国民の多くの印象を操作することが可能だったかもしれません。しかし、ネットメディアという新しい潮流が生まれて来た今、情報ソースはそれだけではありません。マスコミに情報を流すだけで国民を操作できる時代は終わったのです、まぁ、賢明な判断ができる人であれば新聞は解約して他のことにお金を使っているはずですから、今まだ新聞読んでいる人は操作されやすいのかもしれませんが、もはやそちらの人たちはマジョリティとは言えません。

「中南米にサーバー移転」というだけで「うわ、なんか違法薬物とか関係ありそうだし、やっぱ悪いこと考えてたんじゃない?」とは思わない時代になりつつある、ということです。

ネットというツールを手に入れた人達を甘く見すぎているのかもしれません。

あと、マスコミ各社の皆さん、毎日ガジェ通編集部に押しかけてきてますが、あなたがたに直接話すことは何も無いので、もう来ないでもらえますか。話すぐらいだったらガジェット通信で記事にしますので、ブックマークするなりRSSリーダーに登録しておいてください。ひとつよろしくでーす。

「2ちゃんねる」サーバー、米や中南米など転々 : (読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120308-OYT1T00007.htm

コネ採用問題から逃げる大阪市議会

大阪プレスクラブさんで、市議会議員向けのアンケートが公開されています。
公務員の「口利き=コネ採用」は違法ですが、それが大阪市役所の職員採用でおこなわれていたのではという疑いがあり、第三者調査チームが調査中だそうです。先日の中間報告では、採用試験時の履歴書の隅っこに消しゴムで消した跡があり、よーくみると、口利きした偉い人の名前っぽいものが判読できるそうです。

笑い話のような話ですが、不公正な行為には間違いありませんので、調査チームが実態を知るためにアンケートをつくって市会議員さんに対して調査をおこなおうとしたところ、なんと議員さんが一致団結して、市議会がアンケートを拒否したそうです。

これってつまり、ほとんどの議員が身に覚えがあるということ? 「二元代表制に反する」として拒否したそうですが、いまいち意味がわかりません。どういうことなんだろう。

大阪市会議員宛:市役所の職員人事に関するアンケート
http://osaka.japanpressclub.com/2012/03/blog-post_3431.html

その他、大阪プレスクラブさんでは、先日来大阪で話題となっている「市職員アンケート」の中味も公開されています。職員の違法な政治活動等を調査するためにおこなわれたものですが、この扱いをめぐって調査チームと公務員組合がバトル状態となっています。最新の情報ではこのアンケートに関連し、市労働組合連合会が市を提訴する方針を固めているとのことです。

大阪プレスクラブ: 【資料共有】大阪市:労使関係に関する職員アンケート調査
http://osaka.japanpressclub.com/2012/03/blog-post_3346.html

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。