体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タワーマンションの防災対策レポート[前編] 震災を経験/「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」

タワーマンションの防災対策レポート[前編]震災を経験/「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」

2011年3月11日の東日本大震災では、首都圏でも、地盤の液状化やライフラインの被害、エレベーターの停止などで影響を受けたタワーマンションが少なくなかった。震災以来、「タワーマンションは災害時に大変だ」というイメージをもつようになった人も多いのではないだろうか? あれから6年。震災前から建つマンションと、震災後に建てられたマンションとで、防災対策はどのように講じられているのだろうか? 前編では、震災を経験した「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」のケースをレポートする。

東日本大震災では被害ゼロだった「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」

最初に訪れたのは、2009年に建てられた東京都江東区の「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」。地上48階建て、耐震構造のツインタワーだ。東日本大震災が起きたのは、ちょうど築後2年となったときだった。

「14時15分ごろに帰宅して家にいたのですが、『XX秒後に大きな地震がきます』という緊急地震速報が館内放送で入り、カウントダウンの後に揺れがきました。引越したばかりで、まだ食器棚に食器が入っていなかったので、大事にしている大きな花瓶を2つ寝室のベッドに運んでから、テレビを押さえて倒れてこないようにしました」(サウスタワー43階住人女性のAさん)

同じくサウスタワー28階に住むBさん(女性)も、同じようにまずテレビを押さえたという。甥の保育園のお迎えを頼まれていたBさんは、揺れが収まると、急いでお迎えに向かった。エレベーターが緊急停止したため、地上まで階段を下りなければならなかった。

「ただ、エレベーターが止まったのは地震後2~3時間程度で、すぐに復旧したんです。当時、弟が湾岸エリアにあるタワーマンションの41階に住んでいたのですが、そのマンションは次の日までエレベーターが動かず、大変だったそうです」(Bさん)

揺れが収まってからしばらくすると、防災センターからの館内放送で、このマンションは耐震構造なので安全であること、外に出ずに待機するようにという指示があり、Aさんはこの館内放送を、とても心強く感じたそうだ。

電気、ガス、水道といったライフラインも無事で、住戸内の被害も、「書斎の机に乱雑に積まれた本が1冊落ちた」という住戸があった程度だったのだとか。外出先から戻ったAさん、Bさんの家族は、普段どおりの自宅の様子に拍子抜けしていたという。【画像1】サウスタワー(右)とノースタワー(左)。ともに地上48階地下1階。管理組合は両棟合同で運営している(写真撮影/日笠由紀)

【画像1】サウスタワー(右)とノースタワー(左)。ともに地上48階地下1階。管理組合は両棟合同で運営している(写真撮影/日笠由紀)

「災害協力隊」発足。安否確認訓練には居住者の4割程度が参加

このマンションの被害が少なかったのは、「高強度コンクリートを使用」「50mの杭が固い地盤に達している」など、「耐震設計の完成形」と言われるほど強固な建造物であったためと考えられている。加えて、電気、水道、ガス管などのライフラインがすべて地中化され、丈夫な共同溝に埋設されていたことで、ライフラインが問題なく使い続けられたことが挙げられる(震災時、ガスは自動的に止まる仕様となっていたため、管理会社が点検後に開栓)。

被害が少なかったとはいえ、震災後に居住者たちの防災に対する関心はいやがおうにも高まった。マンションに「災害協力隊」が発足したのは、震災から約2年後。このマンションの「防火管理者」を務めていた居住者Cさんの呼びかけに応じて、管理組合理事会が全戸に有志の隊員を募り、災害協力隊を結成した。同じデベロッパーによる近隣のマンションの先駆事例があったこと、江東区が「共助」の観点から、区民による隊の立ち上げを推進していたことなども背景にあった。

災害協力隊の取り組みは、まず防災マニュアルをつくり、避難計画を立てることだ。そのために、もともと定期的に行っていた防災訓練を年2回行うことにした。訓練内容がワンパターンだと参加者が少なくなってしまうので、飽きないようにその都度、内容を変えていると、災害協力隊の隊長Dさんは語る。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。