体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電動歯ブラシ・ユーザーももう新製品を我慢しなくていい。『ソニックオール』で全ての歯ブラシを電動に!

「贅沢は、毛束の量と見つけたり」と市川海老蔵にCMでそそのかされようにも、自分は電動歯ブラシに切り替えたしと寂しくも無視するしかない。そんな新しもの好きの電動歯ブラシ・ユーザーのお楽しみが無限に増えるアイデア商品が音波振動アシスト『ソニックオール』。何とどんな歯ブラシでも取り付けて、電動歯ブラシ化してしまう。これは画期的だ!

取り付けにコツはいるが、しっかりハマれば見事に市販の手磨き用歯ブラシが電動歯ブラシ化できる!

もう海老蔵の声を無視しなくていいし、今さら面倒な手磨きに戻る必要もないと、その仕組みに大いに期待したのが大作商事株式会社(東京都千代田区)の『ソニックオール』(SA-1・125×最大40×24mm/44g※電池を除く・希望小売価格 税抜3,200円・発売中)。何と市販の歯ブラシを取り付けて電動歯ブラシ化してしまうという画期的製品。


電動製品はともすると本体はさほどでなくても替えブラシが異常に高いなどの落とし穴がある上、機種によってブラシタイプの選択の幅も、手磨きブラシに比べれば強力に狭められる。これは知覚過敏の人が柔らかいブラシを使えないことにもなり、ともすると致命的欠点。


『ソニックオール』の仕組みはいたってシンプル。単4アルカリ電池1本使用の本体は、約24,000回/分の振動を生み出す。これはポケットタイプや安価なタイプのものよりも優秀だが、高級モデルよりは低い標準的な数値。約5時間の駆動時間は、1日2分×2回使用で約70日持つから、十分。材質はABS樹脂など。決して高級感はないが、価格を考えると順当だろう。それでいて丸洗い可能なのもうれしい。


スペック的には申し分ないが、電動歯ブラシはやはり使ってみないことにはわからない事が多い。振動数が大きいから良いというものではないし、振動の仕方によっても磨き心地がぜんぜん違う。それにこの『ソニックオール』の最大の特徴は、市販の歯ブラシのほとんどが装着可能というところにある。したがって、選ぶ歯ブラシの特徴によっても変わってくるはずだ。

選ぶ歯ブラシによって使い心地が大いに変わる! また装着・取り外しは結構面倒なので、日常的に付け替えるのは厳しいか


実際問題として、装着可能な歯ブラシの太さは1.4×1.4cm。通常の歯ブラシならほとんど問題ないはず。

記者が以前から気になっていた「ビトイーン贅沢Care」(ライオン)のような太いタイプ、スリム柄の「クリニカ極薄ヘッド」(同)、ポイント磨き用のとんがりタイプ「クリニカアドバンテージデンタルタフト」(同)、小児科医が設計した子供用「歯医者さん ようちえん 3才〜6才用」(大正製薬)まで、全て試してみたが、装着可能だった。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。