体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「昼は美少女、夜は可愛いお姉さんと…」13歳帝のうらやまけしからんライフ!ゴリ押し結婚の影に未練タラタラ ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

未練タラタラ、朱雀院からの結婚の贈り物

時は流れ、源氏31歳の春。養女として引き取った六条御息所の娘、斎宮がついに女御として入内することになりました(斎宮女御)。源氏と藤壺の宮が無理矢理に息子の嫁に決めた手前、「やたらに父親面してる、みたいに思われるのも」という遠慮から、自宅の二条院に引き取っての宮中入りを中止します。

各方面からお祝いの品が届く中、入内当日に、朱雀院から格別なプレゼントが送られてきました。衣装にお香など、世話役の源氏が見るだろうと想定したらしい、肝いりの品ばかりです。

源氏がふと櫛の箱に目を留めると、飾り紐のあたりにメッセージが書かれています。「あなたが伊勢に行かれる時、別れの小櫛を差し上げましたが、それを理由に遠い縁であれ、と神様はおっしゃるのでしょうか」

長年忘れられなかった想いを引き裂いたのは、神ではなく源氏と藤壺の宮。さすがの源氏もこの一言に「申し訳ないことをしてしまった」と罪悪感を禁じえません。しかし今更どうすることもできない。彼女は今日から女御なのです。

源氏は女御に直接返事を書くよう促します。女御もかの日のことはよく覚えていました。「お別れの時、櫛を挿して下さった優しそうなお顔、涙を流して別れを惜しんでくださったご様子、忘れない…」。帰らぬ日の感慨を込めて「お別れの時のお言葉が、帰った今は悲しいばかりです」としたためました。もしかしたら結婚したかもしれない相手への、独身最後の手紙。愛し合ってたわけじゃないけど、ご縁がなかったと思うと、それも切ないですね。

未練があるのは源氏も同じ。相変わらず斎宮への下心は消えておらず、(お返事はなんて書いたんだろう?みたい……)とモヤモヤ。でも「見せてください」とは言えず、粛々と入内は進行していきました。

昼は美少女、夜はお姉さんと…うらやましい理想の生活

宮中では自ら斎宮女御を推した藤壺の宮と、帝が待っていました。「今度の方は大人のお姉さまですから、そのおつもりでね」。現在、後宮には頭の中将の娘の弘徽殿女御しかいないので、やっと2人目のお妃ということになります。

13歳の帝は大人の女性という響きに緊張していました。「お姉さんなんてなんだか照れくさいな…」。気恥ずかしさも手伝い、夜遅くなってようやっと対面。フタを開けてみれば、華奢でおっとりした可愛いお姉さんでした!やったね!

葵上のような気難しいタイプの姉さん女房だと前途多難ですが、優しく落ち着いた斎宮女御に帝もご満足。賢い冷泉帝は、どちらかを極端に贔屓するということはなく、2人の女御を公平に遇します。ただ、同じ年頃の弘徽殿女御とは昼間一緒が多く、夜はもっぱら斎宮女御と、というパターンでした。

昼は可愛い幼馴染の美少女と遊び、夜はしっとりしたお姉さんのもとで優しくしてもらう…。なんともうらやましい、けしからん生活ですね。後宮ライフは、どの人も気苦労が多く大変そうですが、この冷泉帝にだけは一瞬なってみたい気がします!

こうして、美少女と可愛いお姉さんに挟まれる理想的な(?)後宮体制がスタート。バックにはそれぞれ源氏と頭の中将がついており、ガッチリ2大勢力争いに発展。後発で割り込んでいくのは大変です。

出遅れた兵部卿宮はつくづく「源氏に手のひらを返したのは失敗だった」と嘆いています。それでも娘の出世を諦めることはなく、「帝がもう少し大人になられたら…」と考えてはため息ばかりついていました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy