ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

3秒で折りたたみ完了、パリ発の電動自転車は最大走行距離70kmの日本製パワフル電池搭載!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Aero現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中の「Aero」は、パリ発の折りたたみ電動自転車。機動性を重視する人、都市部の通勤者にピッタリそうだ。2年の開発期間を経て誕生したという。

・3秒で折りたたみ完了!乗り心地も良し

ハンドルバー部分も折りたたみでき、わずか3秒で折りたたみ完了するお手軽さが魅力。狭いスペースでも保管しやすい。

Aero2ダブルリアディスクブレーキによる滑り止めシステム、フロント・リアサスペンション、高さ調節可能なソフトなサドルを搭載。タイヤは12インチ、全地形対応。快適な乗り心地を実現した。

・パワフルなPanasonic製バッテリー搭載

超パワフルなPanasonicのリチウムイオンバッテリーを装備しており、パワーの異なる
“Aero Plus(Panasonic Lithium 36V 8.7Ah + 8.7Ah、最大時速25km、最大走行距離70km)”、“Aero S(Panasonic Lithium 36V 11.6Ah + 8.7Ah、最大時速35km、最大走行距離70km)”を用意。

液晶ディスプレイは耐水性で、バッテリー、距離、速度のほか、 “standard/sport/walk”の3モードを表示。

・後部LEDライトでウィンカー表示

Aero4また、自動車のテールランプのように、後部のLEDライトがシグナルの役割を果たし、左右の方向を示すウィンカーを点灯させることも可能。操作はハンドルバーからおこなおう。

自転車のカラーはブラック、レッド、ブルーの3つ。好きなものを選べる。現在オーダーできるのは、“Aero Plus”と“Aero S”のようで、それぞれ早期予約価格849ドル(約9万5700円)、949ドル(約10万7000円)に配送料金がかかる。市場予価は2049ドル~なので、かなりお買い得になっている。

Aero

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。